westさんに映画を 映画館で映画を見るようになってきたので、映画・演劇などの記録を....
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
<BS>デンジャラスデイズ;メイキングオブブレードランナー
2011-11-15 Tue 17:08
「難しかった暗いブレードランナー作るときその後物語」

デンジャラスデイズ;メイキングオブブレードランナー
 (DVDで観るなら下記中のセットに含まれるらしい)
あの映画、原作はディックの「電気羊は夢を観るか」で彼の作品は難しいのが多く、映画を観たときにもやっぱりと思った。難しい。そしてこの映画は夜のシーンが多く、雰囲気も暗いものがあった。その意味では私は余り好きじゃなかった。
一部ファンの間で非常に評価が高く、今もいろいろ取り上げているのが多く、私もそろそろまた観てみようかと思っていた作品。
今回はそのメイキングと上映後の評価ついて述べられているこの作品、色々な苦悩が描かれ、監督と出演者、スタッフ、そして出資者の立場がわかって。うーん、なるほど!!
リドリー・スコット監督はイギリス人でアメリカで撮るこの映画に関しては外国人としての苦しみもあったんだ?!私たちのは英・米って違いはないのにと思うのにやっぱり違うんだ。へぇ!!

またアナログSFって言葉もなるほど?!と。この映画まではCGというのがなく、ミニチュアや絵、撮影に工夫してやっていたんだ、今のようにCGでやっちゃうこともなかったんだ、撮影や美術のスタッフの努力大変なものだったろう。

またこの作品「ブレードランナー」自体はロードショーでこけている。そのことがはっきり述べられているのも良い、良いことづくめでなく、本当に「先進的すぎる」「暗い」ということで当時受け入れられなかった、その後ビデオやケーブルテレビで段々とその真の素晴らしさ、技術的、ストーリー的なものの真価が認められたと。その意味で「賛美」と「苦労話」に尽くされる普通のメイキングオブとは違う。

今日観ていて、さて映画がどんなものだったか?原作は?と思わず思った。実は日本語の言葉「ワカモト」とか芸者もどきが出ていたということ以外が、ほとんど覚えていない。ましてやディレクターズカット版は観てないと思う。さて、今夜は「ブレードランナー・ファイナル・カット」を観よう!原作も読もう!(NHKに釣られた?!)
 本の記録はこちら
 映画の記録はこちら
別窓 | 自宅にて | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
<<<BS>ブレードランナー ファイナル・カット | westさんに映画を | <DVD>バンテージポイント>>
この記事のコメント
・「☆あら?☆」
タイトルが文字化けしてて読めません(x_x)
2011-11-16 Wed 00:53 | URL | TiM3 #x671AaPk[ 編集] | top↑
・「ごめんなさい」
修正しました。
併せて本文記事の不明点も。
2011-11-16 Wed 22:33 | URL | west32 #B9eg5Lv6[ 編集] | top↑
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| westさんに映画を |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。