westさんに映画を 映画館で映画を見るようになってきたので、映画・演劇などの記録を....
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
<DVD>たとえ明日が来なくても
2011-10-22 Sat 23:22
「アマン恋のキューピットは何でも知ってるほら笑顔で明日へと」

(誤り)
Jaya bachachan はアマンの母役
ナイナ役はPreity Zintaだった。

また泣いてしまった。
アマンの言葉『笑って生きよう明日が来なくても』

インドの映画、音楽と家族愛と恋焦がれる男女。長いけど丁度連ドラを観ているような波乱万丈のドラマ。人間関係が複雑で分かり難いので、関係を書いてみたらこんな具合(ストーリーに関係する重要ポイントは略)。複雑な△?関係。また実は!って家族の思わぬ関係があり、ちょっと書き切れない状態。

物語はNYに住むインド人一家の長女ナイナの恋物語。MBAの同級生ローヒトとの微妙な関係、家族内でおばあちゃんと母とのいさかい、自殺した父の暗い影、養女の妹。そんな中に隣のインド人一家の甥アマンが恋のキューピット役を。

映画の中では、色々な対比があった。
・宗教的にも色々対比、母がキリスト教で祖母がヒンズー教。
・インドの州対比、ナイナの一家はパンジャブ、ローヒトは商人のグジャラーティー。
・印中対決、母のレストランは向かいのライバル店が中国。それに対抗するためカプール家もインド料理店で応戦とは。

やっぱりインド映画。舞台はアメリカニューヨークだが、全くのインド映画の世界。それでも踊りのシーンはインディアンだけでなく、白人、黒人が出てくる。まさにNY総ロケ!って感じ。アメリカでもインドのパワー見せつけてくれた。

またいつもどおりインド映画は長時間。今回も186分と長い!途中でIntermissionというテロップもでる。劇場上映ではこの間5分か十分にトイレ・飲み物休憩がある。

そしてちょっと驚いたんだが...ラストの婚約式の踊り、Maahi Ve ♪♪~♪

この踊りと音楽を観て聞いていて、あれ?っ? 今年インドに行ったときにMTVでじゃんじゃん映っていた映画だ!!知らなかった!この映画のVDVが2009年だからもう少し前の映画じゃないのかなぁ。ということはこの映画ってインドでロングランの映画なのか!!へぇ~!!
なんかインド出張時にホテルの部屋でいるような気分になった、家族と一緒にインドへ行っていたようなデジャーブーのような。

たとえ明日が来なくても - goo 映画

PS 「嘘をいうとき」にアマンは人差し指と中指をクロスさせる。
   こんな『うそ印』かわいいなぁ。


ニキル・アドヴァーニー
アップリンク
発売日:2009-08-07

IMDBに詳しく説明が載っている。(Kal Ho Naa Ho 英題"Tomorrow May Not Be" )
これによると、ナイナの方はカプール家でも Kapur と綴り、隣家のカプール家はKapoor
日本語では差はないが、英語では一応綴りが違う。ナイナが郵便配達の間違いに怒っていたシーンの意味が意味が分ったが....いくらなんでもこれでは郵便配達屋さんも間違うでしょう。

追記(2011/11/3)
 このMaahi Veの曲は英語も混じっているような気がして仕方がないので、歌詞を探してみるとあった!!(ここ
 確かに Everybody Sing Soni Soni Aaja Mahi Ve と歌っている、意味は分っていないけど、「みんなが麗しき花嫁さんと歌う」こんな意味なんだろうか?もっとヒンディー語を勉強しないと!!
別窓 | 自宅にて | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<<DVD>キックアス | westさんに映画を | <DVD>小さな巨人>>
この記事のコメント
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| westさんに映画を |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。