westさんに映画を 映画館で映画を見るようになってきたので、映画・演劇などの記録を....
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
モールス
2011-10-18 Tue 22:09
「ヴァンパイア甘い響き誘う血一緒に居たい裸足のアビーと」


観たいような、観るのが怖いような.....そして今日!!

基本的にはハリウッド的派手映画にならず、原作通りの落ち着いた作品で良かった。
ヴァンパイアに惹かれるオーウェンの心、幼き日の彼は徐々に青春を迎えている、少しづつの思いが本当に切なく描かれている。
ただハリウッド版のリメイクの意味はなんだろうか?前作とほとんど違いはないし、あのCG?ではリアル感はなかった。むしろスウェーデン版の方が絵にしない怖さがあった。
でもこの作品自体はやっぱり良い!子供から大人へと進む少年の恋物語として引き付けられる。
映画ではなく、この物語としては、もう一度、二度、三度と味わってみたい作品、私もヴァンパイアの魅力に憑かれてる。

タイトルについては、
 原作名:Let the right one in. 「正しきものを入れたもう」
 映画名:Let me in.       「ねえ、入れて」
原作のヴァンパイアをイメージしたタイトルとは違って、今回の映画タイトルでは自分を入れてと、直接的。でも彼女アビーは、自分(すなわち、あなたにとって私)は、正しきものだから...ここまでは考えすぎかな。
邦題に関しては、この映画のタイトルは英語のタイトルそのままの方が良かった。原作本のように二人がモールスで交わす言葉がもう少しあれば「モールス」でも良いんだけど、やっぱりアビーの切ない言葉「レット・ミー・イン」でしょう。

モールス - goo 映画

も一度本で読みたいと、今度は英語版でと....でも......
以前原作の英語版を本屋さんで見つけたときに買っておけば良かった。今日探してももう在庫になく取りよせしか。
本好きの方に良く聞く話、「見つけたときに買っておけ」、その鉄則を忘れてしまっていた。




過去の記録は、
 映画「ぼくのエリ 200歳の少女
 本「モールス

PS ラストクレジットで音楽に Turning Japanese って曲があったように記されている、どんな曲だったろうか?
   → 音楽については、The Vaporsというグループの Turning Japaneseという曲。どこで掛かっていたのか?アビーが部屋に来たときにオーウェンがレコードでかけた曲かな?分らなくなってしまった??

PS2 原作については、本屋さんで在庫がなく、
    英国からの取り寄せには5週間掛かるといわれたので...
    先ほど思わずネットで買ってしまった。数日で到着の予定。
   (今回のように買い漏れせぬよう、本屋さんで見つけた欲しい本は絶対買うぞ!)

John Ajvide Lindqvist
Quercus Publishing Plc
発売日:2009-01-22



(追記)2011/10/20
 本が来た!!(本のブログ
111020-203409.jpg


別窓 | 映画館にて | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
<<借りちゃったDVD4本 | westさんに映画を | 懐かしい映画パンフレット>>
この記事のコメント
・「切ない」
>やっぱりアビーの切ない言葉「レット・ミー・イン」でしょう。

私もそう思いました!


>「見つけたときに買っておけ」、

なるほど。
私も心にとめ置きます、この言葉。

しかしwest32さん、原書でご再読とは。凄いですね。
そして、いろんな言葉を解されるというのはその分人生を幅広く(或いは深く)生きておられるような気がして羨ましいです。
・・・って、努力しない私が言っちゃいけませんね。
2011-10-21 Fri 06:30 | URL | ぺろんぱ #zJZwz3rU[ 編集] | top↑
・「アビーの切なさ」
血をすするしかないアビーの身体、食べることが出来ない彼女、誰かに庇護してもらうしかないその生活、あまりにも彼女には辛い。
またオーウェンへの恋心にも似た思い、すがりたい思い、切ないです。

PS 英語版がやっと手元に来たのですが....分厚いです!!何ヶ月掛かることでしょう。
   一方日本語文庫版も今回手に入れましたので、それのサポート受けながらの読書でしょう。
2011-10-21 Fri 22:26 | URL | west32 #B9eg5Lv6[ 編集] | top↑
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| westさんに映画を |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。