westさんに映画を 映画館で映画を見るようになってきたので、映画・演劇などの記録を....
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
<DVD>スパングリッシュ
2011-01-26 Wed 00:07
「異国にて文化違っても思うは子」

ジェームズ・L・ブルックス
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
発売日:2010-02-03

久々にスペイン語を♪と思って借りたDVD、異文化のコミニケーションの難しさ、でもその係わり合いの面白さを魅せてくれた。
確かに米国には色々な人がいる。その中でも、米国人のお金持ちと密入国のスペイン系の貧乏人。それが主人とハウスキーパーという関係でつながる。
金持ち・貧乏、白人・ヒスパニック、ちょっととろい・優秀、使う人・使われる人、プレオテスタント・カトリック...そしてこれらをまとめて英語・スペイン語という対比の中で綴られる物語。
うまい対比だ。
スパングリッシュ 太陽の国から来たママのこと - goo 映画

登場人物
クラスキー家
 4つ星シェフ 父 ジョン・クラスキー
 颯爽とした奥様母 デボラ
 ぽっちゃり姉 バーニー、弟ジョージー
 よっぱらいばあちゃん エヴェリン・ライト
ハウスキーパー
 メキシコから来たスペイン語しか出来ない母 フロール・モレノ
 バイリンガルの娘 クリスティーナ

この中でも語られるカトリックの真面目さ、厳格さ、なるほど。母のしつけの厳しさ見せていただいた。でも母はそれほど子どものことを思っているんだ。

それにしても、クリスティーナ役のシェルビー・ブルースは、本当に聡明で可愛らしい子だ。母のスペイン語を英語にし、ジョンの英語をスペイン語にし、両方の感情を込めた言葉、名演といえる。
ちなみにこの映画が2005年だからいまはどんな美人になっているんだろう??
別窓 | 自宅にて | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<<DVD>蜘蛛女 | westさんに映画を | <DVD>その名にちなんで>>
この記事のコメント
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| westさんに映画を |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。