westさんに映画を 映画館で映画を見るようになってきたので、映画・演劇などの記録を....
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
<DVD>その名にちなんで
2011-01-23 Sun 22:12
「ゴーゴリの名のもと生き延び家族つくり家族育て息子は行く」

ミーラー・ナーイル
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
発売日:2008-06-06

これもまた海外におけるインド人をテーマにした映画。民族・文化というのに関わる話。

ゴーゴリの短編集を持って列車事故から助かった、アショケ、そのときに一緒だった老人の言葉をもとに海外での生活を続ける。そして結婚、もちろん妻はインド人、故郷コルカタのアシマ。彼女を連れてなれない米国生活、そうしているうちに、息子、娘が生まれアメリカでの順調な生活が続く。もちろん息子の名前は、あのときの短編集の著者ゴーゴリ。
そして今度は米国生まれの息子ゴーゴリの時代、建築家として有名になり、米国人の恋人も出来、本人はなんとかインドという民族から離れようとするが....やはり民族という強いつながりから離れられない。
それにしても米国におけるインドコミュニティーの強さ、見せてくれる。
各民族、それそれの集団で集まっているんだね。でもインドと言ってもヒンディーの系統ではなく、ベンゴリーだというのも面白い。彼らの中でもインドは一つだけでなく、集団なんだ。

結婚(赤や黄色と華やか)、葬式(このときは白基調の服装!)と当にインドの二つの儀式の対比。
一方、ニューヨークとコルカタという別世界の二つの対比。
インドでも古くごみごみとしたコルカタ、素晴らしいタージマハールの対比。

インド系監督のMIRA NAIRだからこそ描けた映画だ。

その名にちなんで - goo 映画
The Namesake IMDb
映画の中から気になった部分を

・Pack a pillow and bracket.
 Go, see the world.
 You will never regret it.
 事故の前に老人が語った言葉「枕と毛布を持って、旅に出ろ、世界を観ろ。絶対後悔しない」
 →良い言葉、これを私も若い人たちに伝えたい。まさに私も世界から得たものを多い。後悔どころか、これからに向かっても世界に出かけたい。

・(しばらく家を離れていた家族のポストに悪戯書き)
 →インド人もちょっと変な英語を話すし、コミュニティーがちょっとちゃうから、やっぱり米国でも差別されてるのか...でも一体だれが?? 米国って移民の国だけど誰かが誰かにということでやっぱり人種差別ってインド人に向かってもあるんだ。

・タージマハールのあまりにものきれいさは!!!私が現実に観たときはかなり汚れてしまっていた。大気汚染のせいと聞いていたけど、もうマシになったのかなぁ?

・人間関係
ガングリー家
 夫アショケ(IRREAN KHAN)
 │
 ├---兄ゴーゴリ(KAL PENN)、妹ソニア
 │ (ニキル)
 妻アシマ(TABU)

ゴーゴリの米人恋人 マクシーン

アシマ役のTABUってインドの著名女優とか!!確かに美人で、お母さんとしてもいい。

・ノベルは JHUMPA LHAHIRA という人。今度一度読んでみたい。
Jhumpa Lahiri
HarperPerennial
発売日:2004-07-04


・ゴーゴリの本「The collected tales of Gogol」
 →この短編集を読んでみたい気がする。どんなにか惹かれるものが

映画で出ていた本は多分これ!
Nikolai Vasilevich Gogol,Richard Pevear,Larissa Volokhonsky
Pantheon Books
発売日:1998-05


ちなみにゴーゴリーの邦訳本は最近新訳が出たらしいので、読みやすいとの評判だからちょっと読んでみよう。


・父が息子に送った言葉
For gogol ganguli,
The man who gave you his name,
from the man who gave you your name,
June 7, 1995
(ゴーゴリ・タングリーへ、君に彼の名を送った男だ。君に君の名前を送った男より)
→英語で読んだらなんか韻を踏んでいるような言葉、良い言葉の響きだった。
別窓 | 自宅にて | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<<DVD>スパングリッシュ | westさんに映画を | <DVD>ベッカムに恋して>>
この記事のコメント
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| westさんに映画を |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。