westさんに映画を 映画館で映画を見るようになってきたので、映画・演劇などの記録を....
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
<DVD>バッド・エデュケーション (La Mala Educacion)
2010-11-01 Mon 23:31
「映画の中で映画の脚本を、男に恋する男は誰だ」

ペドロ・アルモドバル
アミューズソフトエンタテインメント
発売日:2005-11-25

スペイン語が聴けるのでというだけで選んだ作品だが、映画の中で過去の思い出に基づく映画つくりが描かれてその複雑さが面白い。

映画監督のエンリケ・ゴデのもとに昔の同級生、今は売れない役者イグナシオ・ロドリゲスが訪ねてくるところから始まる。スランプ状態のエンリケ、いかにも仕事に困った風なイグナシオどちらも困った状態。イグナシオが子ども時代を語る脚本を出し、それに飛び乗るエンリケ、そして二人での映画つくりが始まった。
でも二人には子ども時代の、暗い過去が陰を落としている。

映画の中で映画を作っているんだが、その脚本が二人の過去を描いており、現在もその延長線上で語られる。このためなんかこんがらかりそうだ。どれが現実でどれが作品なのか?
また登場人物が、殆ど男性のみという特殊な状況、これが複雑さになんか困惑を加えている。
カソリックの厳しい世界では可愛い男の子にはこんな想いも起こりそうだし、一方ではこれは厳しく諌められることでもあろう。でも宗教的にやばそうな題材。

バッド・エデュケーション - goo 映画

PS イグナシオの住む家、壁に様々なきれいなタイルが貼り付けてあり、可愛らしい模様になっていた。こんなところに行ってみたいなぁ。


字幕翻訳は松浦美奈さん。前もどれかのスペイン語映画でやっておられたかな、ちょっと覚えていないけど、彼女の名前は良く見るような気がする.....さっき調べたら、彼女は最近一杯字幕のお仕事しているんだ!「第9地区」「スラムドッグ$ミリオネア」....別にスペイン語の専門じゃなかった。
別窓 | 自宅にて | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<大阪ヨーロッパ映画祭のサポーター協力します | westさんに映画を | <DVD>ポワゾン>>
この記事のコメント
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| westさんに映画を |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。