westさんに映画を 映画館で映画を見るようになってきたので、映画・演劇などの記録を....
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
<DVD>フランケンシュタインの花 嫁
2010-05-15 Sat 16:07
「怪物といえども男欲しいのは友達同じ生き物を手に」

ジェームズ・ホエール
ファーストトレーディング
発売日:2006-12-14

出だしが面白い、前作の続きをシェリー夫人が述べるということで♪
また前作に続き、こちらも怪物がかわいそうでかわいそうで....なんでここまで迫害される二か!!確かに怖い顔だが.....でも本当に友達が欲しいんだ。
まったく知らなかったが!!怪物は実はしゃべるんだ♪
またこんな風に妻が...できるんかなぁ? ちなみに始めのクレジットでは”The Monster's Mate ?”と出てるなんて♪粋だね。
この映画、モンスターの恐怖映画だが、しっかり遊んでいる、いや差別って問題を述べているんだ。
昔、怖い怖いと目をつぶって観ていたんだが、やっぱりこの映画怖いだけのタダモノではない。

ヤングフランケンシュタインはこの続編も考慮して作っているんだ♪逆なんだが、あちらで出ていた数々のシーン、ここが元だった。
盲人との交流、確かに”ヤンフラ”ではジーン・ハックマンとのユーモラスなシーンを思い出すが、ここでは本当に意味での障害者同士の交流として描かれていた!!怪物はバイオリンの音が好きだったんだ。
この続編を観て、メル・ブルックスは本当にこのフランケンシュタインのオマージュとしての作品を作っていたんだ。
別窓 | 自宅にて | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<<DVD>マイノリティ・レポート | westさんに映画を | <BS>阿弥陀堂だより>>
この記事のコメント
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| westさんに映画を |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。