westさんに映画を 映画館で映画を見るようになってきたので、映画・演劇などの記録を....
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
第9地区
2010-05-01 Sat 21:41
「何れの難民問題きびしくて共存それとも隔離どっち」



チャンスを待って!待って!ついに!(ただ観に来るタイミングが合わなかっただけなんだが) 映画の日にやっと拝見。

う~ん、ストーリーとしては良いモノ持ってる、でもちょっとグロい。
難民かもしれないエーリアンの救出、難民村の”エビ”達の生活、救済に協力するNPO、地元民との衝突、いかにものの状況設定♪いや既にある難民問題そのものだ。『アバーター』と同じく、SFという異世界を舞台にしながら、人類、私たちの色々な問題、他との共生の問題を取り上げている。アカデミー賞にノミネートされただけのものだ。問題提起として、また色々考えさせられるものがある。日本にも難民を受け入れているが、ある意味どうしていくのか、スラム化の問題も考えねばならない。

第9地区 - goo 映画

SF的要素で色々リアル感ある異世界を表現しているとは思う。

でもなんでエーリアンの視覚化にそんなに気持ち悪い表現するのか?また人の殺し方もあれだけ派手に破壊するなんて!何かのSFで読んだが、甲虫類型エーリアンにとっては人間って薄い皮膚でブヨブヨで弱々しく気持ち悪いとか.....その意味ではエーリアンの武器なら一たまりもなくハジケ飛んでしまうのもモットモだが。でもやっぱり酷すぎる。

またギャング団にアフリカの国の名前が使われていたが、これもイカガナものだろうか。食って自分もそのパワーを付けたいというのは心理的には分かるが、具体的国名出さずにもうちょっとボカスべきでは。

そういえば、この舞台なんで南アフリカなんだろう?あの国の何かを批判しているの?できればアメリカのどこかの都市って方が良いのに。

モノゴトを映画で表現するときに、視覚的にしっかり見せるって言う方法もあるけど、みせずにその恐怖を味あわせることもできる。戦争というのを捉えた映画で、先日私がみた「となり町戦争」なんかは本当にうまい表現だと思う。一度も銃撃シーンは出ず、死者の姿もない。


でもこの映画、問題は色々あるが、ストーリは面白いし、扱っている問題も重要なもので、観た人が色々考えるべき映画だと思う。あの気持ち悪さされなければ、何度も観たいし、このあと、あの親子やエーリアンのDNAを持つ彼がどうなるのだろうかと気になる映画。(実は帰りの電車でも映画のなんか気持ち悪さで胸がつかえるようだった)


そういえば、この映画はドキュメンタリータッチで述べられていて、コメンテーターとして評論家や専門家の解説場時々入り、銃撃戦なども取材しているように撮られていた、面白い表現方法だったと思う。なんか他の映画でもこういう手法があったように思うが、この映画ではドキュメンタリータッチが仮想性をうまく浮かびかがらせているようで面白かった。

結論!それなりに良かった。「アバター」とは違うようである意味似た作品、ストレートな表現では難しいところをSF的表現でうまく包んで描いている。




PS 今日はじめミナミの映画館で観ようとしたが、ソールドアウトだった、そこでキタで映画をみたが、当初ガラガラ、映画が終わって3分の一位の入り。なんでこうちゃうのかな。

別窓 | 映画館にて | コメント:6 | トラックバック:1 | top↑
<<中之島映画祭5月4日 | westさんに映画を | 影武者>>
この記事のコメント
・「☆楽しまれたようですね☆」
監督さんが、ヨハネスブルク生まれの方だそうで、
やはり舞台設定や演出は、ああである必然性があったのだろう、と
解釈しています。

南アフリカの国民が観たら、我々日本人とは全く異なる
評価をするのかも知れませんね。。
2010-05-03 Mon 01:03 | URL | TiM3 #x671AaPk[ 編集] | top↑
・「エイリアンの造型、ピカデリー。」
west32さん、こんばんは。
トラックバック&コメントありがとうございました。(*^-^*

私はあのエイリアンはそんなに気持ち悪いとは思わなかったな。
エイリアンを美しい姿にしたり、かわいいキャラにしてしまうと
子供向けの映画になってしまう気もするし・・・。
社会風刺が効いているこの作品は大人向けの作品のように感じるので、
美しいとは言えない姿のエイリアンの造型で丁度良かったような気もします。


P.S.
ピカデリーは駅からかなり歩かないといけないから敬遠する人が多いのかも?
2010-05-03 Mon 01:05 | URL | BC #peC/.WiQ[ 編集] | top↑
・「グロさも進化?」
こんにちは。

私もいろいろ考えてみるに、やはりアパルトヘイト問題との
関わりが強かったのではないかと思います。
人種隔離というのがあの第9地区への隔離に繋がって
いるかのような。
撮られた背景や裏側に思いを馳せることで別の味わい方が
できるものなのですね。勉強になりました。

プレデターも出始めの頃は気持ち悪い感じがしたものですが、
造形も進化してきて今は「美」も感じます。
本作ももしかして「第10地区」が創られる頃には微妙な変化を
見せてくれるのでしょうか。

2010-05-03 Mon 10:41 | URL | ぺろんぱ #zJZwz3rU[ 編集] | top↑
・「TiM3さんへ、危惧していたよりは」
楽しめました。

初め観たいと思っていて、色々な方のコメントを観ていると、モ一つかなぁと思って....結果、それなりに良かったということになります。

確かに南アフリカの人が観た意見ってどんなものだろうかと気になります。
2010-05-04 Tue 23:10 | URL | west32 #B9eg5Lv6[ 編集] | top↑
・「BCさんへ、エーリアンもですが」
実は壊れる人間が気持ち悪かったです。
特にヴィカスの変わるのが気持ち悪かった。生身の人間とエーリアンの両方で。

エーリアンに関しては、あのヒゲヒゲの動くのが可愛らしい感じもしました。人間とは違うのが当たり前だけど....決して可愛いものが良いのではないですが、ETもそれなりに異質でしたがまあ受け入れられるものです。そんな意味で。
ちなみにエーリアンが人のように二足歩行、腕二つ、頭一つってのも必然性がないですよね。もっと違ったものでもいいはずなのに。

2010-05-04 Tue 23:20 | URL | west32 #B9eg5Lv6[ 編集] | top↑
・「ぺろんぱさんへ、グロは...」
やっぱりやめて欲しい。
南アフリカの人種問題をテーマにするなら、やっぱりそれほどグロでないほうが良いです。グロくなるとちょっとテーマがずれてくるんで。

ちなみに私は「プレデター」は怖くてよう観ていません。好きな人は熱中できるらしいですが、私には無理です。
「美」を感じれるようには余りなりたくないです。

「フランケンシュタイン」はなぜか認めるんですが、多分ポイントは、グチャグチャ、ベトベト、ドロドロって辺りですね。
2010-05-04 Tue 23:25 | URL | west32 #B9eg5Lv6[ 編集] | top↑
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
2009年:アメリカ映画、ニール・ブロムカンプ監督、ピーター・ジャクソン製作、シャルト・コプリー、デヴィッド・ジェームズ、ジェイソン・コーブ出演。
| westさんに映画を |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。