westさんに映画を 映画館で映画を見るようになってきたので、映画・演劇などの記録を....
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
壬生狂言
2010-04-25 Sun 19:53
「時代場所問わず言葉言わずともみてりゃおもろい下々の話」



全くの偶然だが、今日は春の大念仏会の9日間のうちの一日。しかも開始直前の良い時間11:30にここ壬生寺に来た。開場12:30に向け、もう数十人の人が待っていたが、私はまずは昼食をとってから並ぶことにした。

面白い♪壬生狂言!!音楽は太鼓と鐘と笛、言葉は一切話されない全て動作で♪その意味では外国人でもわかる要素がある。ただ内容を良く理解するためには、ストーリーを知っておくべきかも知れない。「壬生狂言解説」を200円で売っているのでこれを読んで筋の理解を。
すべての狂言を通していくつか印象に残った点を
・負けたりしたとき、仕方ないなぁと『後頭部ボリボリ』。分かりやすいなぁ。
・調子合わせに、『足をドンっと』、これをきっかけに動きが始まる。
・うながすように『手をたたく』、なんか調子をとっているようで、面白い。

今日は1時から6時までに5曲だった。はじめは一つ二つ観たら次へと思っていたけど、こんな楽しさでついつい最後までいてしまった。
案外有意義な週末を過ごせた。壬生寺にきたのは全くの偶然だけど、狂言は年に一回たった9日間だけ(10月と2月も数日あるらしいが)、その貴重な日に観ることができて大感激。

今日の5曲は

『炮烙(ほうろく)割り』
毎日の序曲として演じられる曲。役人が新しい市場をひらこうとして、一番に店を出したものに税金免除という奨励を出そうとする、それをみた太鼓屋と炮烙屋は競い合う....
最後にかわらけを舞台に積んでいくが、積めども積めども後ろからドンドン持ってきて、危ない!って感じの高さまで積んで、観客はうわぁ!、まだ載せるの?と声が上がる!そのあと♪このかわらけ割は圧巻、700枚以上の皿が舞台下に落とされる。(ちなみにこの炮烙は2月の節分で参詣者が奉納したもので奉納者は厄除開運が得られるとされている)舞台の下ではみんなきれいに割れていた。

『土蜘蛛』
蜘蛛の糸がからまり次々と出される糸、そして舞台の上から下への飛び降り逃げる土蜘蛛!剣劇も華やか♪

『花折』
酔っぱらいの面白さ、尻をかき、ひつこい酔っぱらいの貪欲さ。ハハハ、本当に酒に呑まれちゃいけないねぇ。

『大仏供養』
景清が頼朝を討ちに行き、畠山との斬りあい、舞台の上で四人の侍が右へ左へ目一杯の殺陣。

『餓鬼角力』
地蔵菩薩が餓鬼を助けて鬼との相撲、かわいい子鬼たちと、ブルブル震える餓鬼の対比が面白い。地蔵菩薩さまに祈ってもらってパワーアップの餓鬼、ドスコイ、ドスコイ。


100425-113106門


ちなみに、5時間で5曲をみてお値段は800円。なんでこんなに安いの???
100425-112908入場料


「おでんかけ」ぶろぐはこちら
壬生寺の壬生狂言のサイトはこちら


別窓 | その他 | コメント:4 | トラックバック:0 | top↑
<<来た!敷島シネポップ | westさんに映画を | TV怪物くん2>>
この記事のコメント
・「伝統芸能」
炮烙割りをご覧になったのですね~
5時間続けて見ていた人は
どのくらいいらっしゃいました?

無言狂言も面白いですが、
セリフ有のもなかなかオツですよ。
機会があればぜひお越しください。
2010-04-27 Tue 06:32 | URL | su #Cj7tpECs[ 編集] | top↑
・「さすが伝統!」
こんな風に日本に接するのも面白いです。
これはきっと外国人にも受けます。

私は思いっきり受けたので全部見ましたが、5時間見ていた人はかなり少数でしたね。2~3曲目でかなり、いや殆ど入れ替わりでした。
ただ私の隣のご夫婦も私と同じように、あれもこれもと面白くて最後まで観ていた口でした。

狂言は観にいったことがありますが、確かにそちらはそちらで面白かったです。言葉の面白さもありましたから。
でも観劇料がかなり高かったと思います。それに比して....ここは安い♪奉納のためだからですかね。



2010-04-28 Wed 00:47 | URL | west32 #B9eg5Lv6[ 編集] | top↑
・「」
『焙烙割』と『土蜘蛛』には、興味津々ですね。

5時間も楽しめるとは、良いですね~。
2010-05-03 Mon 00:33 | URL | TiM3 #x671AaPk[ 編集] | top↑
・「こんなのもどうぞ」
大阪から近いのに今回はじめての私でした。
日本の古典芸術にもいいものが一杯あります。そんなことを実感できました。

ところでTiM3さんのいらっしゃる四国では、「こんぴら歌舞伎大芝居」があるではないですか!!四国にいらっしゃる今、是非ご覧になっては如何でしょうか?
2010-05-04 Tue 23:03 | URL | west32 #B9eg5Lv6[ 編集] | top↑
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| westさんに映画を |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。