westさんに映画を 映画館で映画を見るようになってきたので、映画・演劇などの記録を....
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
<DVD>アメリカの夜
2010-04-18 Sun 22:07
「映画『パメラ』を撮るために監督一家構え人間関係ほぐし」
   フランス語原題 LA NUIT AMERICAINE (英題:Day for night)

フランソワ・トリュフォー
ワーナー・ホーム・ビデオ
発売日:2008-10-08



昔観た映画、あの時は私は子供だった。この映画の題名「アメリカの夜」は昼映画を撮って夜のように見せること、つまりマガイものってことだけを覚えていた。
でも今はなんか心にしみわたる。
この映画つくりの情熱、監督の苦労生き生きと描かれ、「つくる」ってことの楽しさ、苦しさを味わえる映画だ。関係する俳優たちの人間関係、取り巻くみんなの思い。
ジャクリーン・ビセットの映画後のインタビューの言葉『(トリフォーは)カーチェイスや視覚より役者の演技に焦点が当てられる』
これって言えてる、この映画本当に人に焦点を充ててる。それと本当に現実との融合があって面白い。ハリウッドから本当に来てはじめてのJビセット、欧州のスターたち、夢と現実と映画の虚の世界が交差している。

あの頃はあくびの出る映画だったんが、自分なりに自分の人生を歩んできて分かった!仕事をして色々な人と一緒に作り上げることをしてきて始めてわかる。そう人と人のつながりで何かがつくられるんだ。それを私は人生生きてきた中で知ったんだ。
また映画を観るってことの良さが改めて分かった。映画って自分の人生との交差なんだ。自分の人生であった何かが映画を観て心に生まれるんだ。
最近昔の映画をよく観るけど、年月を経て再び観るって楽しい。自分が成長してきたことがわかるから。

登場人物
子供の頃から映画好きなフェラン監督、助監督ジョエル、メイクのオディール
父役アレキサンドル、昔のプレイボーイ
母役のセブリーヌ、昔の名女優
息子役のアルフォンスとその恋人リリアン
嫁役のイギリス人女優ジュリー・ベイカーその夫マイケル・ネルソン博士
別窓 | 自宅にて | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<TV怪物くん | westさんに映画を | <DVD>どろろ>>
この記事のコメント
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| westさんに映画を |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。