westさんに映画を 映画館で映画を見るようになってきたので、映画・演劇などの記録を....
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
フローズン・リバー
2010-03-12 Fri 20:52
「母、母、母の映画子を思う母、子さえあれば男は要らない」



どこまでも子を思う母の気持ちが描かれているような作品、男には分からない。読み違っているのかもしれないが、母の思い、あまりにも強くて私には理解できない。
レイの必死な姿、子を思い、家族の場を維持するためには、男は要らない。いや捨ててしまった。フローズンリバーに置き去りにされた子、凍えるその子をしっかり抱くライラ。我が子を取り戻す母達。
父親ってやっぱりここまではなれない。この映画を観ていて、やっぱり父親って母子にとってどこかよそ者、そんな感じがした。
同じ映画をみても男と女、多分感じ方は随分と違うだろうなぁ。

フローズン・リバー - goo 映画



この映画についてブログを書いておられる方も多い、自分が未見であとで観ようと思った映画なんであまりじっくり人のブログは読んでいなかったんだが、やっぱりあとでその思いを教えて貰おう。比較してみよう。

映画『フローズン・リバー』


色々なブログからの言葉を拾ってみると
・生活のためそうせざるを得ない悲壮感
・必死に生きる姿と懸命に守ろうとする家族への愛が深く描かれていた
うん、そういう見方もあるんだ。




別窓 | 映画館にて | コメント:6 | トラックバック:0 | top↑
<<【DVD】死ぬまでにしたい10のこと | westさんに映画を | ニューヨーク、アイラブユー>>
この記事のコメント
・「」
なるへそ~。そんな風に感じられましたか。
父親はどこかよそ者、って名言!かもしれませんね。

私自身は、母親よりも子供達に目がいってました。
TJにとっては父親が一番近しい存在やったんやろなぁと。

レイ(母親)の行動はちょっと極端ですが、
日常の言動は割とリアルに感じました。
女性によって書かれた脚本だからかもしれませんね。
2010-03-13 Sat 22:47 | URL | ゆるり #3/2tU3w2[ 編集] | top↑
・「母と子が」
強い、強い結びつきを!のような気がしました。いや結びつきというより母が子に対する思いですね。
おっしゃるようにTJにとっては、父の不在で母思いがあまりにも強く堪らなかったのかもしれません。だから「なぜお父さんを探さないの?」と何度も聞いていたんですね。

監督・制作・撮影とこの映画は女性によって作られています。女性達の思いがこめられているのでしょうか?
2010-03-14 Sun 06:38 | URL | west32 #B9eg5Lv6[ 編集] | top↑
・「きっと同じ」
こんにちは。

>父親ってやっぱりここまではなれない

きっと父親と母親では愛情の示し方が違うのでしょうね。
それと、レイはいなくなった父親の分も頑張らねばっていう思いが
あったのでしょうし。

比較の一例は拙レヴューの一文ですね。
でもトーンの違いはあれど、角度はwest32さんと同じものを感じたのですが。(^^)

>子さえあれば男は要らない

でも子にとっては父性も必要なのですね。
TJがそれを語ってくれていたように思いました。

2010-03-14 Sun 14:02 | URL | ぺろんぱ #zJZwz3rU[ 編集] | top↑
・「TJには父親が!」
母の思いとは違って、子にとっては父親も必要です。
それをTJが必死に言っているんですよね。
レイは分かりつつも自分が家族を守らねばと....守るためには家族(子供)を脅かす父親は不要とレイは思ったんでしょう。

ぺろんぱさんの文章は勝手に取り上げて申し訳ありません。
でも「生きる」と「守る」ってのがなんか印象的だったんで♪



2010-03-14 Sun 19:39 | URL | west32 #B9eg5Lv6[ 編集] | top↑
・「母性。」
west32さん、こんばんは。
コメントありがとうございました。(*^-^*

女性は寂しがり屋の人が多いと思います。
だから、そういう孤独感を隠す為に強がる人はいても
心底強い女性は少ないような気もします。
でも、女性は愛する人・大切に思える人、
そして、家族を守る為なら気丈になろうとするんですよ。
特に自分がお腹を痛めて産んだ子供は自分の分身でもあるわけだから、
子供を守る為なら何だって出来る。
その守るべき方向がどういう方向に向かうかだけの事だけど、
この作品のヒロイン達は危ない仕事へと傾いてしまった・・・。
でも、拾った赤ちゃんが息を吹き返した事で我に返る。

女性の“母性”を深く見つめた作品なので、
同じ女性の私であっても私は未婚だから
ヒロイン達の気持ちが全て理解できたとは言い難いけれども、
もし、私がそういう環境だったらどうするだろう?
と考えさせられたりした作品でした。
2010-03-14 Sun 20:10 | URL | BC #peC/.WiQ[ 編集] | top↑
・「女性の”母性”」
女性の監督・制作・撮影ということで深く、深く”母性”をつづっていたんですね。
やっぱり.....男の私には分からない。ある意味怖い。ただただ女性って子供のためにと思い込んだらすごいなぁと思う、でも最近子の虐待をする親もいますが。

> 私がそういう環境だったらどうするだろう?
想像するのも難しいですが、私だったら、誰かに頼っちゃうかも。
2010-03-14 Sun 22:15 | URL | west32 #B9eg5Lv6[ 編集] | top↑
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| westさんに映画を |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。