westさんに映画を 映画館で映画を見るようになってきたので、映画・演劇などの記録を....
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
花くらべ狸道中
2010-01-13 Wed 12:34
「いざ江戸へ狸のやじ喜多歌踊り願いはやっぱりお月様に」
2010011312344420100113123439


今回映画を観てのキーワード
・ロードムービー
・宝塚
・シンプル、作りものの世界

やっぱり面白い、歌と音楽と踊りと賑やかに。意味もなく踊り、歌が始まる....いやメチャクチャ意味があるんだ!楽しいムードを作ってくれる。もちろん悲しい気持ちも。

花くらべ狸道中(1961) - goo 映画

今回のタヌキ・ミュージカルは狸大王選にからみ阿波から江戸への道中記。敵娘の誘惑にひかれ、愛しいたよりちゃんの助け受け、勝新との息の合ったロードムービーだ。話の筋とか突飛おしのないこともあるけど、いいやんか、正月だしって感じてしまう。きちんと各地方の郷土巡りもあり、大映一大お祭り騒ぎ。日本っていいなぁ、お正月っていいなぁと思う映画。あの時代お正月、盆休みにやってたんだろうな、何か季節感をもって。

2010011312343720100113123433

この映画、セットは大きなものを作っているが、細かいことはこだわらない。シンプルな作り、まるで舞台のミュージカルを観ているよう。「こんな感じで観てね」といわれて、それで観ている人が目で心で必要なことを付加して楽しめる。そう創造の世界。最近の映画は本物らしく、忠実に、いや観ている人にグイグイ突っ込んでくるような変な意味での観客心理への押しつけがあるのに比べて、この映画は落ち着いて自分なりに自分のスタイルでどっぷり楽しめる。

またこの映画を観ていて、屋外よりもセットでの場面が多かったので、また芝居から歌へのつながり、大人数での踊りがあったので....そう!母の好きな宝塚を思い出した。大げさな舞台風の振り、セットも簡潔に!そうか今度はぜひ宝塚を観たいと思った。似ている!それにあの宝塚はやっぱりインド映画にも似ているなぁ。やっぱり一度は宝塚を!と思った。
大映作品でこれだけミュージカルを楽しんだら、次は東映のミュージカルかなぁ、ひばり、錦乃介のあのミュージカルも大画面で観たいものだ。

.........こんなことしていると観たい映画ばかりで....他のことする時間がなくなる。何かをやめて時間作り!時間作り!
別窓 | 映画館にて | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<弁天小僧 | westさんに映画を | 初春狸御殿(大雷蔵祭)>>
この記事のコメント
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| westさんに映画を |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。