westさんに映画を 映画館で映画を見るようになってきたので、映画・演劇などの記録を....
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
DVDで映画、スペイン語漬け
2009-11-01 Sun 18:54
「レンタルショップで名作借りようと、選ぶ時間観る時間多大に」

「スペイン名作観たくあれこれと」
「案外あるあるよい映画あれこれ手を出しどんどん籠の中に」
「観る時間どこでと休み期待して」
「昼夜たがわず全てを観ることに」

ミツバチのささやき ------------ El Espiritu de la colmena
 「アナが聞く精霊の話フランケン、スペインの暗黒から未来へ」
ウエルカムヘブン -----------Sin noticias de dios
 「カンフーファイティングのリズムに乗って粋な悪魔のスーツパリっと」
ハモン・ハモン
 「カモンカモンかわいいペネロペ好き好き」
サロメ --------Salome
 「フラメンコ風バレエ映像舞台インタビューレッスンから本番」
オール・アバウト・マイマザー ------ Todo sobre mi madre
 「子を持った母はどこまでも強く自らの道自らが拓く」
モーターサイクル・ダイアリーズ ---- diarios de motociclete
 「学生の終わりに友と南米抜け知るはこの地南米は一つ」
ダージリン急行 ----------- <--英語
 「兄弟がママを探して心の旅インド生と性と死の旅」
ショート・フィルム『ホテル・シュヴァリエ』 ---------- <--英語
 「ポートマン細い体にくっきりあざ誰が誰にと気になるパリ」

<<========== 詳細はこちら ==========>>
El Espiritu de la colmena 蜜蜂の巣箱の中の精霊 --------------------
ビクトル・エリセ
東北新社
発売日:2000-06-30

「アナが聞く精霊の話フランケン、スペインの暗黒から未来へ」
・出歩くときの変装なの
 →表現って色々ある。こんな言い方も。
・Soy anna!
 →スペイン語で「 私はアナよ。」が聞こえた!
   といっても別に偉そうに言えるわけじゃないが。
   でもしゃべっている言葉の一端でも判れば何かうれしい。
アナと姉のイザベル
フェルナンド/テレサ:父/母


Sin noticias de dios 神の知らせも無くて -------------------- --------------------
アグスティン・ディアス・ヤネス
キングレコード
発売日:2003-07-24

「カンフーファイティングのリズムに乗って粋な悪魔のスーツパリっと」
「天国・地獄・今、レトロな仏ダークな英ここエスパニョラ」

ペネロペ自身も言っているけど、音楽にのせて踊りながらスーツを決めていくこのシーン、惹かれるなぁ。カッコ良い。ペネロペの地獄の使者という役柄と元々〇〇だったという点から本当に粋で決まってる。
・僕がいるからこそ君がいる。
 →日と闇があるように相対するものが無くては存在し得ない。
   天国があるからこそ地獄もあるんだね。

魂を奪われようとしているマニ
マニの妻ロラ、天国のエージェント
マニの従妹、地獄のエージェント


ハモン・ハモン -------------------- --------------------
ビガス・ルナ
ジェネオン エンタテインメント
発売日:2005-09-22

「カモンカモンかわいいペネロペ好き好き」


Salome -------------------- --------------------
カルロス・サウラ
ポニーキャニオン
発売日:2004-05-19

「フラメンコ風バレエ映像舞台インタビューレッスンから本番」

サロメ、ヨハネ、ヘロデ、ヘロデヤ
フラメンコのあのタップ、バレエの振りで一団のダンスは目が離せない。ダンサー、衣装、音楽のそれぞれにインタビューしてこんな風な方向でというのがだんだん見えてくる。その上でバレエ・ショーの始まり!映像と一体化したショー、映像だけでなくこんな舞台も観てみたい。
フラメンコとバレーのミックス、こんな作品もいいなぁ。
・(監督の言葉)楽しんで踊ってくれ!
 →ダンサーにやれというよりは、自主的な気持ちを出してもらうためには一番の言葉。私も何かをするときには楽しんでするようにしている。


Todo sobre mi madre 私の母についてのすべて --------------------
(All about my mother 英語でもタイトルは一緒だ!)
「子を持った母はどこまでも強く自らの道自らが拓く」

・三人のエステバン
 →やはり二人揃って子どもは出来るんだから....atarimaeka !
  そういえば二世、三世という言葉も一緒。
マヌエラと息子のエステバン
昔の友人アグラード、ロラ
女優のウマ・ロッホとニナ
尼僧ロサ


diarios de motociclete オートバイ日記 -------------------- --------------------
ウォルター・サレス
アミューズソフトエンタテインメント
発売日:2005-05-27

「学生の終わりに友と南米抜け知るはこの地南米は一つ」

映画を観始めて、二人のトンチンカン南米無銭ロードムービーかと思ったが、違う!!この時代の南米の民族、社会問題をきちんと見つめてのゲバラの思い、シリアスに見つめられた。
チェ・ゲバラ、キューバの革命の指導者としては知っているが、南米を放浪しての結果としての、民衆への思い、初めて知った。自分が旅をする上で本当にその地に住む人々とのふれあい、アンデスの人々、ハンセン病、経済知れば知るほど、のめりこむ実直な彼。あまりにも素直で自分を抑え切れないこれからゲバラのことを色々知りたい。先日古本屋でこの原作本を見つけたので買っておいたら良かったと悔やむ。

医大生エルネスト・ゲバラ(フーセル:激しい男)23歳とアルベルト・グラナドス29歳
恋人チチーナ
ポデローサ号(怪力号)

チェ・ゲバラの言葉から
・革命は土地に根ついたもの
 →そうだよなぁ。そこに居る人がそこで自分たちのために起こすんだ。
・南米大陸は一つの混血民族で形成されている。
 →南米って入り混じっていることは確か、他のどの地域よりも入り混じりが凄く、結果としてみんな一緒のような気がする。いや一体なんだ。

エルネストの、喘息、私もそうだったからよくわかる。つらい。
でもあの一途の思い、なんか喘息にあっていると思うのは私だけかも。なんでと言われると?だけど。


-------------------- -------------------- --------------------
ウェス・アンダーソン
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
発売日:2008-09-03

「兄弟がママを探して心の旅インド生と性と死の旅」

 兄弟三人 フランシス、ピーター、ジャック

おまけ:ショート・フィルム『ホテル・シュヴァリエ』
「ポートマン細い体にくっきりあざ誰が誰にと気になるパリ」
ジャック、?

別窓 | 映画館にて | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
<<花の生涯 | westさんに映画を | スペイン映画を>>
この記事のコメント
・「」
west32さん、こんばんは。

『ミツバチのささやき』は作品的には良いけど
台詞は少ないのでスペイン語の勉強に最適とは言えないかもしれないですね。
2009-12-02 Wed 00:36 | URL | BC #peC/.WiQ[ 編集] | top↑
・「初心者には丁度でした」
子どもの言葉とかで簡単な言葉があって新米スペイン語生徒としては丁度良かったです。
私の今のレベルでは、単語が聞き取れてうれしい!とう全くの初めてのステップですから。

他の作品は....ハハハハハ、何を言っているのか全く分りませんでした。いや数字くらいは分ったが....

何事も一歩から。
2009-12-02 Wed 22:25 | URL | west32 #B9eg5Lv6[ 編集] | top↑
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| westさんに映画を |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。