westさんに映画を 映画館で映画を見るようになってきたので、映画・演劇などの記録を....
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
激突!
2009-10-05 Mon 23:22
「平原で迫りくる古トラック逃げたくとも逃がしてくれぬヤツ」

激突!(1972) - goo 映画




やっぱり怖い。こんな描き方もあるんだ。

昔この映画をはじめて見たとき、本当に怖かった。アメリカってだだっ広くてどこに何が潜んでいるか分らない世界。そんな怖さを感じた。アメリカの田舎には行きたくないと思った。怖い怖いアメリカその不気味さを感じた。

一方映画自体は、こんな風に怖さを表現するんだというのが非常に印象的。
今の映画はCGが出来るとかであまりにも直接的。
でもこの映画は、
 -カーチェイスもそれほどでもなく
 -車もぶっ潰すのは二台だけ
 -血が出るシーンもなく、もちろん傷つくこともない(ムチ打ちはあるが....)
 -気持ち悪い化け物が出るわけじゃない。
 -人海戦術も使わない
 -出てくるのは普通の世界
そんな意味で、やっぱり「映画はこれだ!」ってのを見せ付けてくれた映画だ。
今回も満足。

PS 英文タイトルは、DUEL これは、「〔二者間の〕争い、決闘、果たし合い」という意味らしい。
   うん、まさしく赤いアメ車と黒いディーゼルトラックの果し合いだった。

別窓 | 自宅にて | コメント:4 | トラックバック:0 | top↑
<<空気人形 | westさんに映画を | だまし絵@兵庫県立美術館>>
この記事のコメント
・「☆んでも☆」
ヘビが何匹かお亡くなりになってた気がしました。

途中からダラッと観てましたが、やっぱり面白い!

「カネはないけど、そのぶん知恵を絞りまっせ!」的なスピルバーグ青年の才能&必死さをビシビシと感じました!
2009-10-06 Tue 00:17 | URL | TiM3 #x671AaPk[ 編集] | top↑
・「じんわり」
こんばんは。

“ゆるやかに”やってくる恐怖の、その怖さがじんわり。
デニス・ウィーバーの脳天気っぽいお気楽さが余計に
その怖さを助長していたような感じでした。
2009-10-06 Tue 21:17 | URL | ぺろんぱ #zJZwz3rU[ 編集] | top↑
・「TiM3さんへ」
この頃のスピルバーグは本当に「金がないから」頭を絞っていましたね。その後お金ができるとお金をかけたうえに、「知恵も絞った」という感じですね。
ただ最近の映画では、お金をかけたのに...というのが多く、残念。

観客のために知恵を絞ってください!!!映画関係者の皆さん、お願いします。

なんて言ったりして。
2009-10-06 Tue 22:02 | URL | west32 #B9eg5Lv6[ 編集] | top↑
・「ぺろんぱさんへ」
言えていますね、「“ゆるやかに”やってくる恐怖」。
初め何気ないのが、どんどんという感じで。

デニス・ウォーバーは、このあとTVシリーズでで警部役もしていますね。この警部はカーボーイハットでブーツという姿、この映画で追いかけてくるトラックのドライバーのような格好というのも意味深でしたね。あれってやっぱりこの映画との関係があるのかなぁ。

2009-10-06 Tue 22:11 | URL | west32 #B9eg5Lv6[ 編集] | top↑
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| westさんに映画を |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。