westさんに映画を 映画館で映画を見るようになってきたので、映画・演劇などの記録を....
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
自転車泥棒
2009-04-17 Fri 22:17
「やっと得た職のための自転車取られ、探し探してさまよう父子」
2009041722170320090417221653

発「名前知るイタリア佳作上映一度は観たい是非とも観るべし」
概「やっと得た職のための自転車取られ、探し探してさまよう父子」
得「質で金得モノ大切な時代溢れかえる今より心あり」
結「なんで私がと思いつつ転がり落ちるときついついと自分も」
メイ・シアターさんの作ってくれた資料によると、この1948年というのは
・帝銀事件
・東京裁判判決
・福井地震
・ガンジー暗殺
というのがあったらしい。

帝銀事件って有名だったけど、戦後だったんか、シラナンダ。またガンジーはこんなに昔に暗殺されたとは?!?!色々あるね。
ただ映画でも描かれていたように、不況の真っ只中、大変な時代だったようだ。

自転車泥棒自転車泥棒 (1948)

【監督】ヴィットリオ・デ・シーカ
【出演】ランベルト・マジョラーニ / エンツォ・スタヨーラ / ジーノ・サルタマレンダ / リアネーラ・カレル
★★★☆ [70点]


別窓 | 映画館にて | コメント:4 | トラックバック:0 | top↑
<<映画生活に登録 | westさんに映画を | レポ>>
この記事のコメント
・「打ちのめされて・・・」
 こんばんは。

本作は、かなり昔のことになりますが、確かレンタルして観ました。
とてもやりきれない、切なく苦しい心持になる映画だったと思いますが、子役の男の子の可愛さ、健気さに救われた思いもあったでしょうか。(しかし、その可愛さ、健気さが更に切なさを加速させたりもしたのですけれどね。)

こういう、「一生懸命に生きているのに救われない時代、報われないどころか不幸に見舞われてしまう人たち」の姿ってかなり辛くて凹みますが、時々こういう“静かに打ちのめされる”映画を観て「今を生きる自分」を考えてみるのもいいのかも知れませんね。

メイ・シアター。
遥か昔に私も確か何かを観に行ったような記憶が朧に・・・ああ、思い出せません。しかし「何か」が頭にヒットした感じです。
嗚呼、自分の頭がパソコンのようだったらいいのに・・・。(T_T)
2009-04-20 Mon 21:05 | URL | ぺろんぱ #zJZwz3rU[ 編集] | top↑
・「この映画は悲しい」
本当にやりきれないですね、お父さん必死になって探したのに....
あの息子ブルーノ、ちょっとこまっしゃくれた子供、でも一緒になって探していたとき、父のアンドニオは追い詰められていくような気がしました。
良い作品名ですが、あまりにもつらかった。

いつ頃おいでになられたのでしょうか?忘れるほど前?
私の地元では、「名作映画劇場 メイシアター・シネマ in 2009」というのを毎月第三金曜にやるようです。
http://www.maytheater.jp/series/0904/0417_meisakutheater.html#01
ぺろんぱさんの地元でもやっぱり自主映画会あるんでしょうね。映画館だけでなく、地元で面白いのをしていることもありますからそんなときにでも。
2009-04-20 Mon 21:34 | URL | west32 #B9eg5Lv6[ 編集] | top↑
・「☆総てに不器用な☆」
親父像だったような、昔観た時の記憶がよみがえります。

真っ当な悪人にもなり切れない・・そんな小市民の悲しさが全篇に漂ってましたか。。

でも、終盤に息子が寄り添って来る(?)ような(父子の)並び歩きの姿に、何処か明日に繋がるひとすじの希望を感じた気もしました。
2009-04-25 Sat 00:32 | URL | TiM3 #x671AaPk[ 編集] | top↑
・「言えてる」
確かにお父さんは、どうも不器用ですね。
折角食にありついたときにその場にいないし、ポスター張りもなんか下手だし...、観ていると心配で心配で
2009-04-26 Sun 23:43 | URL | west32 #B9eg5Lv6[ 編集] | top↑
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| westさんに映画を |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。