westさんに映画を 映画館で映画を見るようになってきたので、映画・演劇などの記録を....
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
An English Teacher
2009-02-14 Sat 17:41
「在阪の米国人、愛を求めて得られず右往左往議論す」

20090214174102 20090214174054


発「天劇キネマトロン無料上映せめてコーヒー一杯頼んで」
概「在阪の米国人、愛を求めて得られず右往左往議論す」
得「大阪城、上六、鶴橋となじみのローカルプレイス、あっあそこ!」
結「テレビにて東京人が思う『あっここか、行ったことある!』これ同じ」

An English Teacher(2008)

映画紹介がネット上でも不明なので、天劇シネマトロンのサイトから映画情報を頂きました。
 監督・制作:Brett Evan Gross(ブレット・エヴァン・グロス)
 出演:Jerrod Hansen (ジェレイド・ハンセン)
     Tatsuya Iwasaki (タツヤ・イワサキ)、Elmira Ibraeva (エルミラ・イブラエヴァ)
     Brian delaney (ブライアン・デラニー)、Brendan De O (ブレンダン・デ・オー)
     Sara Druggett (サラ・ドラジェット)

映画の中から
・反対語ごっこ
 desire <--> satisfaction、愛<-->無関心
 太宰治の本にあるとか(「人間失格」らしい)
 → 主観で違うのでなんとでもいえるんだが、この言葉のやりとりが面白いと思う。今度どこかでやってみよう。
・俳句を詠んで違う視点に立つ
 夏目漱石の言葉だとか
 → 視点を変えるって必要だと思う。俳句で変えるのか?!私は短歌だから4首の短歌のときにそれぞれ違った視点で書いているつもりだが、これで視点が変わっているのかなぁ???まぁ良いか!!

別窓 | 映画館にて | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<来た!天劇キネマトロン | westさんに映画を | 英国王給仕人に乾杯!>>
この記事のコメント
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| westさんに映画を |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。