westさんに映画を 映画館で映画を見るようになってきたので、映画・演劇などの記録を....
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
ライフ・イズ・ビューティフル
2008-01-05 Sat 22:49
今日は友人のDVDで鑑賞したのが二本。この「ライフ・イズ・ビューティフル」と「戦場のアリア」でたっぷり4時間、会議室の大画面で観た。
まず一本目のこれは、噂に違わない良い映画。前半で主人公が女性を追いかけるあのひたむきさはちょっとついていけなかったが、後半に自分達ユダヤの絶望的な立場を隠し、親として息子に対する一生懸命な心遣い、堪らない。やっぱりすばらしいといわれる作品だと納得できる。

ライフ・イズ・ビューティフル(1998) - goo 映画

別窓 | 映画館にて | コメント:8 | トラックバック:0 | top↑
<<戦場のアリア | westさんに映画を | 幸せのちから(メイシアターファミリー映画祭)>>
この記事のコメント
・「泣けるんでしょうね」
やっぱり素晴らしいと納得できましたか…
私はいまだに見てませんねぇ~
いつ見ましょうか~
本を読んで号泣してしまったので、なかなか見れなくて、泣きたい時に見ようと取っておいてるんです(^-^)
2008-01-06 Sun 00:45 | URL | AS #-[ 編集] | top↑
・「本もあるんですか!」
知らなかった!
本を今度読んでみます。映画の中で分からなかった点もあるんで文字で追ってみたいです。ありがとうございました。

PS 99年の角川文庫にあるようです、図書館で探してみます。
2008-01-06 Sun 01:39 | URL | west32 #B9eg5Lv6[ 編集] | top↑
・「☆後半の☆」
高く積まれた「※の山」が強烈に印象に残りました。

実際の「戦場の英雄」って、やはり(最後は)銃弾に屈して行ったように思います。

「ペンは剣より強し」なんて言ってられるのも・・平和な時だけなのでしょう、きっと。
2008-01-06 Sun 02:30 | URL | TiM3 #x671AaPk[ 編集] | top↑
・「私は最後の米国軍が」
これは確かに平和な時の、今の映画ですね。
最後の部分で、解放者?の米国軍が戦車で来て.....というシーンが変に違和感を感じました。これがアカデミー賞の所以かな?
第二次世界大戦ものでは、米国が自由の使者なの?って
2008-01-06 Sun 09:19 | URL | west32 #B9eg5Lv6[ 編集] | top↑
・「☆何だか・・☆」
別なエンディングもありそうですね。

いずれ、完全版が「全9時間」とかで発表されたりして(⌒~⌒ι)
2008-01-06 Sun 21:53 | URL | TiM3 #x671AaPk[ 編集] | top↑
・「ついに」
ご覧になられたのですね。
主人公が明るくひょうきんに振舞えば振舞うほど、
泣けてしまうのはなぜでしょう・・・
2008-01-07 Mon 01:02 | URL | su #Cj7tpECs[ 編集] | top↑
・「」
 私はこの世界を描いた作品のなかでは「明」の部分に焦点を当て続けた()ある意味)稀有な、そして非情に感慨深い素晴らしい作品だと記憶しています。
 劇場で観た後に一度観返しましたが、苦しみに濁ったというより、綺麗な涙が流れたように思います。
2008-01-07 Mon 20:52 | URL | ぺろんぱ #zJZwz3rU[ 編集] | top↑
・「一杯コメントありがとうございます。」
SUさん、ぺろんぱさん、コメントありがとうございます。

やはりこの作品はすばらしく、観たことのある人も多く、皆さんの色々な思いも感じさせていただきました。
私も今回やっと見ることができて良かったです。
2008-01-08 Tue 23:22 | URL | west32@映画 #B9eg5Lv6[ 編集] | top↑
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| westさんに映画を |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。