westさんに映画を 映画館で映画を見るようになってきたので、映画・演劇などの記録を....
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
君の涙ドナウに流れ ハンガリー1956
2007-12-14 Fri 17:06
ハンガリーがソ連に侵略されていく時代に、水球チームの花形選手カルチがスポーツだけでなく、やがて祖国の独立に目覚めていく。

旧の共産圏ではソ連が絶大なる力を持ち、傘下(占領下)の国々を力でねじ伏せている。秘密警察AVOにより監視されている市民。逮捕、拷問が続く恐ろしい世界。あの頃は力が全てを押さえつけていたようだ。私の生まれる少し前の時代だが、戦後すぐの冷戦時代、本当に怖い。

そんな中で国のヒーロー、次期オリンピックの水球で金を期待されるチームのエースはやはり特別。やはり権力者も自分の国が大きな力を外に示すのは意味あるんだなぁ。選ばれし者って、感じ。カッコいい。でもその彼が反ソの女子学生ヴィキに惹かれていくうちに、自由への革命に向けてのめりこんでいく。

史実として、56年のオリンピックの水球では、侵される国ハンガリーが準決勝で占領者ソ連と戦い、打ち勝ったあと金メダルまで行ったとか!ドラマチック!それをなぞりながらこの作品はできている。水球の得点ゴールに思わず拍手。

旧ソ連と東欧の国々の関係、それぞれの国が何としても独立したかったその心が見えてくる。大国は傘下の国の民衆を虐げる。最後は辛いことを予感させる終わり方。

071214141815ポスター時刻 071214141249横

君の涙 ドナウに流れ ハンガリー1956 - goo 映画

私は50番目だったが、席は程よく埋まっていた。
07121417142チケット

071214141337横

PS1 今日は代休で平日休みのため、普通の日に映画をと色々考えていた。14日はTOHOシネマズが千円の日だから、レノンの伝記とレジェンドの梯子をとも計画したが、昼ご飯を食べる時間がなく、こちらにした。でもこちらで良かった。

PS2 映画を観終わった後売店でパンフとハンガリー関連書籍を観ていたら他の観客が親しげに話し掛けてきた、「『マッドマックス』のはじめにハンガリーの革命の実写が使われているのをご存じですか?」、突然の問いに?となってしまった。ハンガリーにも何度か行って詳しいそうだ。
    これをきっかけにハンガリーやソ連侵攻の時代の関係図書を読んでみたい。

PS3 IMDbのデータベースではここ
    タイトルの「Szabadság, szerelem」これってどういう意味かな?
別窓 | 映画館にて | コメント:4 | トラックバック:0 | top↑
<<キャッシュバックが一般上映 | westさんに映画を | かつて観に行った一角座のチケット>>
この記事のコメント
・「一期一会、ですね」
特にチェックしていなかったのですが、読ませていただくと中々見応えのある作品のようですね。
「辛いことを感じさせる終わり方」というのが気になります。

「マッドマックスの・・・」と話しかけてこられた御方・・・関連書籍等を探しておられるwest32さんの姿に何か共鳴するものを感じ取られたのでしょうね。
心に残る“一瞬の交錯”ですね。
2007-12-17 Mon 20:12 | URL | ぺろんぱ #zJZwz3rU[ 編集] | top↑
・「歴史的にも」
映画の時代1950年後半からは東欧の諸国はソ連に牛耳られた状態のままです。
その意味で、確かにオリンピックで勝ったんですが、彼らの祖国ハンガリーはまだまだ闇の時代が続きます。
映画の最後は、それを予感させるものでした。
2007-12-17 Mon 21:07 | URL | west32 #B9eg5Lv6[ 編集] | top↑
・「原題」
すでにご存知かもしれませんが・・・
自由、愛という意味らしいです。
英語題はChildren of Glory だとか。
タイトルの付け方で印象が変わりますね。
http://www.hungarytabi.jp/letter/2007/news119.html
http://syoyoki.exblog.jp/
http://seepjinjer.exblog.jp/m2007-10-01/
2007-12-19 Wed 06:28 | URL | su #zn1XvThY[ 編集] | top↑
・「色々なタイトルがあるんですね。」
ありがとうございます。

原題も英語題もどちらも....
原題も悪くはないと思いますが、日本で日本人が見るのには、さて?なんのこっちゃ?となりそうですね。
英題は、「栄光の子達」とでもなるのでしょうか?

といって、日本語題名も飛躍しているような気が....
でも映画を見たらそれなりにタイトルの意味を共感することができるし、ブダペストの街の真ん中をドナウ川が流れている。併せてハンガリーの動乱の意味も追加の「ハンガリー1956」で示しています。
映画を観た今の私の感想としては、このタイトルはちょうど良いと思います。
2007-12-20 Thu 00:00 | URL | west32 #B9eg5Lv6[ 編集] | top↑
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| westさんに映画を |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。