westさんに映画を 映画館で映画を見るようになってきたので、映画・演劇などの記録を....
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
まっちゃまちサロン
2007-08-06 Mon 22:13
初心者のための能の入門講座。本日の入場者は50人と多いらしい。それにしてもこんな真近に観れるなんて!!

20070806221343200708062213434


能の山本章弘さんの解説。くだけた調子でやさしく能を知ることができる。
まずは、唄の練習、皆で大きく口を開けて歌う。次は面の説明。色々な年の女、髪の毛の乱れが心の乱れを示すんだ!「若女」「小おもて」確かに少し髪が違う。

観客を舞台に上がらせて、「松風」の衣装を着けて行く。その合間にかずらも触らせてくれる、これは馬のしっぽだとか。次々と衣装を着けて、面をつける。出来上がってきた。
070806-202813.jpg070806-203118.jpg
200708062213432200708062230262.jpg


面を着けると非常に視野は狭いらしい。四方の柱を見ながら自分の位置を知るとのこと。面を少し傾げて泣きを、上げて喜びを。不思議なものだ。
20070806223026.jpg


舞台は3間四方。舞台にあがる正面の階段は通常は使わず、開会の宣言のときに奉行が使ったとか。左手の廊下前の一の松、二の、三の....と奥に小さい松があるのは遠近法だとか。舞台後ろの松の絵は神様が降りてくるところ。このためいつでも後ろは松。能舞台は足袋を履かないとだめ、舞台の上は油がつくとすべるのでそうならないようにとのこと。また手入れも要注意。
070806-185647.jpg


薪能は興福寺の南大門の儀式がはじまりでその季語は春。夏にするようになったのは電気があるようになってから。夏にかがり火のまえで能をまうのはめちゃめちゃ暑いとか。
とにかく毎月第一月曜に山本能楽堂で行っている「まっちゃまちサロン」、能を知る第一歩として面白い場だ。能って色々な設定の上で表現されるものだからその前提条件を知っておくことがわかるコツらしく、それを分かりやすく教えてくれるのは本当に良いことだ。

別窓 | その他 | コメント:4 | トラックバック:0 | top↑
<<なら燈火会コンサート | westさんに映画を | 山本能楽堂>>
この記事のコメント
・「」
さすがっ!ですね。
舞台の説明もへぇーと納得のいくわかりやすさ。
能を知らない人間でも山本さんの説明並みにwestさんの説明も非常にわかりやすいです。
能と言うだけでお堅いイメージでしたが知る事によってそうでもなさそうな気がします。
少し興味が湧きました。
2007-08-10 Fri 09:14 | URL | tosyokun #-[ 編集] | top↑
・「面白かったですよね」
このサロンは面白かったですよね、機会があれば第一月曜にいってみたいです。
今度は衣装をつけてみたいです。
2007-08-11 Sat 21:19 | URL | west32 #B9eg5Lv6[ 編集] | top↑
・「ありがとうございました」
山本能楽堂です。先日は「まっちゃまちサロン」にお出かけ下さいまして、誠にありがとうございました。楽しんで頂けたみたいで私たちも嬉しいです。またよろしければいつでもお気軽にいらして下さい。お待ちもうしあげております
2007-09-09 Sun 00:23 | URL | 山本能楽堂です #-[ 編集] | top↑
・「感激」
こちらこそ、私のブログにおいで頂きありがとうございます。
毎月、第一月曜ですから今月は終わりましたね。来月は10月1日ですね。ちょっと考えて見ます。なお今度参加したときには能面をつけるべく、一番に手をあげようと思いますのでよろしくお願いします。
2007-09-09 Sun 12:15 | URL | west32 #B9eg5Lv6[ 編集] | top↑
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| westさんに映画を |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。