westさんに映画を 映画館で映画を見るようになってきたので、映画・演劇などの記録を....
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
そうかもしれない
2007-03-18 Sun 14:04
現在の私にとっては余りにも身近に感じるのでとても笑えないシーンばかり。雪村いずみさん、桂春団冶さんの二人のお姿を観ているともう心が一杯になる。
これから先「そうかもしれない」といわれたらどうしよう。
img773.jpg


なぜかgoo映画にはない、そこで世界の映画のサイトIMDBでみると....あった、ここ

映画のあとに、春団冶師匠と保坂延彦監督のトークショーがあった。

・四週間の撮影、東京で。健康が心配だったとか。
・最初の長いシーンは最後に撮ったとのこと、師匠には高座にあがったとに見回すのが長~くといことだとか。
・弟子がつくと怒って体に悪いので、奥さんに付き人して頂いている。
・テレくさかったのはおむつとお漏らしのシーン。これからこうなるかと思うと、練習になった。
・テーマは病気(アルツハイマー・癌)ではなく、自分にとって隣にいるのは誰なんだ、二人でじゃないか。
・「水スマシだね」を「水虫だね」と言ってしまった。
・二人で銭湯にいっている、自宅の風呂はほこりだらけ。
・原作は耕(こう)さんの私小説、めいしゅう三部作から。「よしこさん」は「よし」さん

20070318140429
別窓 | 映画館にて | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<おおさかシネマフェスティバル授賞式 | westさんに映画を | そごう劇場>>
この記事のコメント
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| westさんに映画を |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。