westさんに映画を 映画館で映画を見るようになってきたので、映画・演劇などの記録を....
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
関西の今後を考える会 ハーブ演奏&フラ&講演会
2007-02-17 Sat 17:08
前からお付き合いさせていただいている「関西の今後を考える会」の年に一度のフォーラム
講演とフラ、ハーブともり沢山
・ミーツの元編集長、江さんの講演
・フラ(真理子マヘアラニ板津)
 フラダンスって、「フラ」ってのがダンスって意味だから、おかしいってはじめて知った。
・ハーブ(内田奈織)
 ハーブの音色はやさしいが、時によってはハーブを敲いたり、揺らしたりするとはしらなんだ。


ハーブ奏者の内田奈織さん、
TV「秘密の花園」でもハーブを演奏しているんだって
広島を題材にした映画「夕凪の街ささなべ」の中にも
img621.jpg


フラは真理子マヘアラニ板津
img618.jpg


最後は内田さんとフラとの共演も
img617.jpg


PS 内田さんのCD+DVD買いました、これから演奏会にも参ります。

ミーツの元編集長、江さんの講演から色々と興味深い言葉がでました。

・情報誌がイヤになった。街を見ていると消費の場になってきた。街のシステムが人と人が出会うシステムから会わなくても良いシステムになってきた(○さん)。個人の欲望は段々個人的になってきた。自分の欲望を拡大することによって経済がドライブしてきている。大家族を微分して核家族に。家族の欲望を個人に(家の電話→携帯電話)
・自己決定、自分責任は強いヤツのシビアな論理。日本は協力網の中で生きてきた。
・どんどん街を家族を数値化して行くのが怖い。
・ルイビトン、シャネルの店にするのは消費にしている。
・切り離された一つの消費の場
・商店街は自然発生でできて行くもの。(天神橋筋、心斉橋筋)
・自然発生的にできた街は足腰が強い、何かで作られた街はその刺激を続けなければならない。企画が陳腐化してくる。アメリカ村は点が線にエリアに。流行を作るのではなく、流行を呼び寄せる。(現象)
・誰かが企画した建物、街はうまく行かない。誰か(メディア)のコミュニケーションでは、街場のコミュニケーションと違う。誰が言っているかの「かお」で言っていることが重要。
・記号、データではなく、感覚、その言い手の顔
・街がグローバルスタンダード化している。大阪はオモロイ、それぞれの街は違う。情報化、記号化できない。パーソナルヒストリーがないと加担できない。
・街を消費と考えない世界が必要。
・やりたい人がやりたいときに何をしたかが足跡として残る。
酒、セックスなど裏の世界、個人の欲望は必要、それがないと街は成立しない。
・パリと大阪が似ている。それぞれが持つ街(パリでは街区)は、自己発生的な街がある。
・スタンダード化されていないと、足腰が強い。
・よそではなく、私の街、人と人がコミュニケーションしている街。
・若者はいつまでも若者であれば若者、でも大人になることが必要。
・街を作るのならそれに責任を負っているか?

 「街的~お好み焼きは街の情報だ」講談社現代新書

面白い言葉を一杯教えて頂いた



会場のフランス料理店 ボン・マリー
img622.jpg


ハーブは弦の色が色々で面白い。(もっとも色が違わないと、太さだけでは分からないから当たり前だが.....)
img619.jpg


別窓 | その他 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<ハダカの城 | westさんに映画を | かぞくのひけつ>>
この記事のコメント
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| westさんに映画を |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。