westさんに映画を 映画館で映画を見るようになってきたので、映画・演劇などの記録を....
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
手紙
2006-12-28 Thu 18:41
今日は今年の仕事納め、そんな日に一本の映画。
人を殺したという一つの罪がどこまでもその関係者を追いかける....、辛い辛い、なんという重い映画だったろうか。今年を締めくくる意味でもその重みは厳しかった。
兄の罪になぜ弟はいつまでも差別されるのか、そして家族も…

手紙ってタイトル、いいなあ、重たいなぁ。
今は私たちはメールって使っているけど、手紙の重さを知った。




手紙 - goo 映画
今までの作品なら、殺人を犯した犯人がその罪にさいなまされ、プレッシャーにつぶされそうになるってのストーリーが多いが、これは違う。
殺人を犯した兄は無期懲役で刑務所に、兄から将来を託された弟は外でその罪を一緒に追及され、差別される。弟がいくら成功しようと兄の罪が及んできてすぐに足をすくわれる。全く何もしていないのに回りから疎まれて苦しい立場に追い込まれる。弟の人生は「殺人犯の弟」というレッテルによって苦しめられ、そして新しい家族もまた差別を....
これでもか!っていうこの苦しみ、差別は私なら耐えられない。

タイトルになっている「手紙」、兄がそれをひとつのよりどころとして獄中から弟に出すが、それが弟の差別にいつまでもつながる。「手紙」兄と弟を結ぶんだが....重い
img390.jpg

別窓 | 映画館にて | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<謹賀新年 2007年元旦 | westさんに映画を | Jingle all the way>>
この記事のコメント
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| westさんに映画を |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。