westさんに映画を 映画館で映画を見るようになってきたので、映画・演劇などの記録を....
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
「ホテル・ルワンダ」
2006-02-25 Sat 09:30
今日も梅田ガーデンシネマ
朝早いのに沢山の人が詰め掛けています。土曜の朝10からの上映で満席、立ち見も出ていました。
20060225093005


この映画は本当にどういったら良いだろうか、雇われホテル支配人が自分の関係者を助けるというところから始まって、結局は1200名もの方をホテルで守りきった。この善悪も乗り越えた行為はすばらしいと思うが............
ふと自分に振り返るととても寂しい。10年前のルワンダのフツ族とツチ族の内乱は新聞では知っていたし、100万人虐殺というのもマスコミでは見ていた.........でも実感がなかった。映画の中でTVレポーターがいう「虐殺のスクープがマスコミに出ることはあっても、大変だねといっていつもどおり食事をする」......私自身もそのとおりだったです。
また映画では、「ルワンダで何があろうと先進国は助けない」と、「ニガー以下だ」と......アフリカと言うのを本当に意味した言葉のような気がします。

エンディングで流れていた曲の詩も意味深でした。アメリカ合衆国(United states)はあるが、アフリカは合衆国になれない、英国連合王国(united kingdum)はあるが、アフリカは連合王国にはなれない...........

個人によって見たときの感想は色々あるとおもいますが、
是非とも自分の目でこの映画をみて、考えていただければと思います。
別窓 | 映画館にて | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<これから見たい映画 | westさんに映画を | 梅田ガーデンシネマの会員になった>>
この記事のコメント
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| westさんに映画を |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。