westさんに映画を 映画館で映画を見るようになってきたので、映画・演劇などの記録を....
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
ぼくのエリ 200歳の少女
2010-08-31 Tue 23:13
「冷たい夜にはバンパイアが似合うエリ、エリ、ついてきてついていく」

ホラー彩りの初恋の味。
エリに惹かれていくオスカー、その切ない心、私も惹かれる。



観たくて!観たくて!やっと今日♪
映画を観る前に....原作を読んでからと思いつつ、映画を先に観て視覚的イメージを~♪
映画を観て.... もう絶対本買うぞ!!

「入ってもいい?」.....「お入り」 
この言葉、確か吸血鬼ものだけじゃなく、憑きもので良く出てくる言葉、人に執り憑くものもいつもこんな風に人を誘うんだ。でも礼儀正しく、受け入れられないと人に取り憑くことができないんだ。
この映画、いや原作のタイトルはスウェーデン語、それを英訳(多分スウェーデン語直訳)では"Let the Right One In"。正にこの会話の通りで、憑き物にはまり込む怖い言葉の流れ....意味深だなぁ。
一方、邦訳バージョンではタイトルは「モールス」。これって映画を観るまで、なんか変なタイトルだと思っていたが、なるほど!翻訳の方もそれなりに考えている。
映画のタイトル「ぼくのエリ 200歳の少女」、こっちはそのものズバリだ。
でも.....映画も本もタイトルは原題の魔物を入れる入れないという怖い意味を入れて、「入ってもいい?...お入り」ってタイトルの方が興味深くていいような気がする。

ぼくのエリ 200歳の少女 - goo 映画

ぼくのエリ 200歳の少女の続きを読む
スポンサーサイト
別窓 | 映画館にて | コメント:7 | トラックバック:0 | top↑
肉体女優殺し、五人の犯罪者
2010-08-17 Tue 23:58
「麻薬からみストリッパー次々死、かおると熱血記者謎とき」



あの三ツ矢歌子さんがストリッパー役だなんて!?!びっくりした!!

でも純情可憐な役だから一生懸命踊りの練習もするし、男には狙われるがそこはカッコ良い記者が助けに来てくれるし、アイドルがちょっと汚れた役に挑戦!って雰囲気。
物語は銃で撃たれる役のストリッパーちどりが舞台で本物の銃で撃たれ、その犯人とみなされた夫徳島の妹かおるが三ツ矢さん。彼女を助ける正義の味方の新聞記者西村が宇津井健。麻薬にかかわる事件でつながる者が次々と死んで行く、犯人は誰だ???
物語は謎が謎を呼んで次々と死んで行くし、記者の必至の捜査も面白い。かおると西村の純情な思いもいい。最後の下水路のシーンは、本当にこんな場所が日本にあるの?と思わせるようなシチュエーションと最後の追いかけ。
お気楽、お色気サスペンスとして。

肉体女優殺し 五人の犯罪者(1957) - goo 映画

肉体女優殺し、五人の犯罪者の続きを読む
別窓 | 映画館にて | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
闇の列車、光の旅
2010-08-13 Fri 21:50
「国から逃げるロードムービー二つの国で交わるギャングと少女」



日系の監督による映画、グァテマラ難民がメキシコを横断してアメリカへの旅。貨物列車の上に乗り、追い剥ぎギャングに襲われ、地元民には助けられ迫害されつつ、段々人数が減りつつも一路アメリカへ。
メキシコという場でのロードムービー、全然楽しくは無いが、列車の旅と共にやっぱり色々な出来事があると、引き込まれていく。イヤイヤ出てきて怖い目にあっている旅でもサイラは段々とその他旅の終わりに向かって道を進む。祖国から逃げる旅でも、旅は旅そこには色々な思い出が詰まってくる。
米国への不法入国、メキシコからメキシコ人がと思っていたんだが、そうでもないんだ。中南米全てから来るんだ、悲しみの旅として。

ところでタイトルのSin Nomble 名無しという意味だと思うが、これってカスベルでウイリーであるこの青年のことなんだろうか。結果として名無しになってしまった、ギャングに入りきれない青年。

闇の列車、光の旅 - goo 映画

闇の列車、光の旅の続きを読む
別窓 | 映画館にて | コメント:5 | トラックバック:0 | top↑
【DVD】 理由
2010-08-11 Wed 23:47
「死んだ人実は他人で名前もチャウ一人一人の語りで解く」

宮部みゆきさんの原作を昔トライして、挫折。近年本を買って読もうとして挫折。
余りにも暗い!登場人物が覆多い!そんな訳でまた本は積読の状態。

今回図書館でこの作品のDVDを見つけたので、今度こそ!と思いつつ....160分に恐れをなして....でもたった160分で原作の長さを、辛さを、映画なら魅せてくれると信じて、トライ。

角川エンタテインメント
発売日:2005-04-28

物語自体は惹きつけられる。マンションで一家が惨殺、でもそれは住んでいる人とは全く違った家族、別な家族と判って追いかけるもそれも実はバラバラな関係ない人の集合であった。
それを沢山の登場人物の語りで解き明かしていく。DVDの言葉によれば「107人の証言」となっており、莫大な登場人物。それらの証言により徐々にパズルのピースが当てはめられていく。

状況もすごいし、そのストーリー展開も面白い。

理由(2004) - goo 映画

でも、やっぱり暗い、長い、複雑.....着いていくのがしんどい。
まだ本を読む気にはならない。なんで?
【DVD】 理由の続きを読む
別窓 | 自宅にて | コメント:4 | トラックバック:0 | top↑
ソルト
2010-08-10 Tue 19:54
「埋め込まれた暗殺者逃げる追う殺るミカタの彼も彼もミカタ」



なんとなく予告編に惹かれ、先日の「トゥームレイダー」に惹かれ、スカッとしたくて♪

その通り!!!息も尽かせぬ展開!逃走!襲撃!反撃!裏切り!イヴリン・ソルトが暴れまくる!はっきり言ってストーリーどうなってんの?って感じはするが、次々と繰り出されるアクションシーンにもうついていくのがやっと。休む暇も与えてくれず、疲れるほど面白かった。

Angelina Jolie♪ 
一昨日観た「トゥームレイダー」のときのオテンバ我ままお嬢さまって感じから、頬がこけてかなり精悍な感じで、この年でのこの役本当に似合ってる。また次々とのこのアクションシーン、引き付けられる。男役も宝塚っぽかったし、金髪・黒髪、雰囲気違って良い感じ。

お盆休みに休めない今、十分気分転換させていただいた、満足♪

ソルト - goo 映画

ソルトの続きを読む
別窓 | 映画館にて | コメント:2 | トラックバック:1 | top↑
<TV>トゥームレイダー
2010-08-08 Sun 23:50
「ゲームで観た夢の宝探し惑星直列追って南北」

サイモン・ウエスト
パイオニアLDC
発売日:2002-03-22

今日、TVの番組表を観ると!!!なんとアンジェリーナ・ジョリー!!!実は昼間に「ソルト」を観ようかどうしようかと迷って、結局観ることが出来なかった。じゃぁ、観るしかない、と家族を説得し、チャンネル権取得。

初めて観たときも、すごい!!って思ったけど今回もアクション気に入りました。特に一番最初のロボットと戦うシーン、逆さまになったララ・クロフトが見つめるところからはじまるこれはキリッとしたいい顔。戦いの後のシャワーでゆっくりくつろぐ姿もいい。

ロンドンの宮殿に住むお嬢さまトレジャー・ハンター、カッコイイね。またその脇を固めるロボット技術者、執事。舞台もロンドン、カンボジア、ヴェニス、北極と世界中を駆け巡り、楽しい。
地底の宮殿では石の怪物たちと戦うし、犬ぞりで軽快に走る。
ストーリー的には無理もかなりあるが、本当に見せ場たっぷりの作品で観ていて楽しい。
スカッとするこんな作品、楽しめた。

トゥームレイダー(2001) - goo 映画

PS 知らなかったけど、これってゲームの映画化だったんだ!ララ・クロフトって本当にアニメチックなのはそのためか。

<TV>トゥームレイダーの続きを読む
別窓 | 自宅にて | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
来た!TOHOシネマズ泉北
2010-08-08 Sun 11:36
「こんな住宅地にドカンと映画館」




仕事で来たここ泉北ニュータウン、へぇ~こんなところに!!!ショッピングセンターと一体ものだから分かるけど、駅からも遠いし....私にはもう来るチャンスが無さそうで一度は入りたかったが、今日は時間なし。
中は分からなかったが、まぁTOHOシネマズだから一緒でしょう。



「ソルト」観るべきだったかな?と思いつつ、駅までの連絡バスに乗る。

TOHOシネマズ泉北

別窓 | 映画館めぐり | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
インビクタス
2010-08-07 Sat 22:47
「融合は心合わせる人と人一つの国に一つのチーム」



ロードショー時はそれほど気にならなかったんだが、今回南アでサッカーのワールドカップが行われ、なんか気になっていた映画、今回千里セルシーで上映とのことで、拝見。
(本当のところは.....無料招待券があって、なおかつ偶々近くに行ったので)

観て良かった♪熱いものを感じる、最後の試合のシーンは、ラグビーの肉弾戦に思わず強くこぶしを握ってしまった。やっぱり勝って欲しい!!!どうしても熱くなってしまう。

はじめての南ア黒人大統領となったマンデラ、黒人と白人の融合のためにはラグビーワールドカップで良い成績を!との物語、スポーツを政治に使うなんて!と思うんだが、やはり手に汗握るシーン、こちらも引き込まれる。もう南アの優勝を願うばかりになってしまった。
でも凄いのはこの映画で描かれるワールドカップで南アが優勝というのは事実であるということ。そんなことがあるのか!!もうこんなことになると南アの国としての意識の高揚最高でしょう。

インビクタス/負けざる者たち - goo 映画

インビクタスの続きを読む
別窓 | 映画館にて | コメント:5 | トラックバック:0 | top↑
ちょんまげぷりん
2010-08-03 Tue 19:28
「錦戸武士は非ジャガイモカッコ良すぎでも似合ってるパティシエ姿」



本読んで!期待半分、怖さ半分で今日ここに♪

原作はグリグリのジャガイモみたいな安兵衛さんなだが、ちょっとカッコ良すぎ。文章では不細工も許せるが、やっぱり映像的にはパティシエならカッコ良くないといけないかなぁ。例えばケーキ作りの大御所は井上順で、いかにもと似合ってるんだが、安兵衛さんは....やっぱりもうちょっと無骨な方がいい。

映画自体はちょっとテンポ良すぎる気がしないでもないけど、時間制限一杯でうまくまとめられてる。お気楽にみれば良い映画。
遊佐ひろ子役のともさかりえ、良かったと思う。年上のお姉さんぽく、若い安兵衛をリードしながら、時には、いやいつも?、安兵衛にもたれかかって....良い味だった。気になるね。

ちょんまげぷりん - goo 映画

ちょんまげぷりんの続きを読む
別窓 | 映画館にて | コメント:6 | トラックバック:0 | top↑
| westさんに映画を |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。