westさんに映画を 映画館で映画を見るようになってきたので、映画・演劇などの記録を....
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
ゾンビランド
2010-07-30 Fri 22:07
「ゾンビけ散らし夢のカリフォルニアロード騙されても4人は家族」



今日もまた勢いで♪
昨日色々なブログ仲間さんの記事をみてたまらなくなって観に来てしまったが....正~解~♪

血出て食い散らすゾンビは嫌いなんだけど、これは面白くて、ロードムービーでもあるし、魅力的、ハラハラ、恐々、思いっきり笑って!!!
観て良かった、発散できた!

ゾンビランド - goo 映画

ゾンビランドの続きを読む
スポンサーサイト
別窓 | 映画館にて | コメント:8 | トラックバック:3 | top↑
プレデターズ
2010-07-29 Thu 20:45
「狩るものたち狩られるものにそして狩る」



今日何か映画を観たいと思って....映画館の上映スケジュールを観ていたら、あった!!!勢いで!

このシリーズ初めて観たけど、ナカナカ面白い。一つの脱出ものだから応援したくなり、もう目が放せない。

同じような設定は「キューブ」なんかも思い出す、誰かによって集められた者達がそこから脱出を図る。そうしているうちに仲間が次々と死んで行く。本当によくある設定だと思うけど、グイグイ惹かれていく面白さ、やっぱりシリーズものになってるのが良く分かる。次のシーン、次のシーンと楽しみで。

プレデターズ - goo 映画

今回、こちらを観て思ったのは、AVPって中々良く出来た作品だったなぁ。両方の面白いところをうまく組み合わせてた。

プレデターズの続きを読む
別窓 | 映画館にて | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
<チョイ観>BS 燃えよドラゴン
2010-07-28 Wed 22:20
「ふと気づけばあの音楽とアチョウ!のめり込んだ若かりし頃思い」

ロバート・クローズ
ワーナー・ホーム・ビデオ
発売日:2010-04-21


BSでやっているのを見つけて、観始めたのだがちょっと事情があり、片目で片耳で。
トーナメントのシーン、師との言葉、若き者への教えと思い出すシーンばかり。話は単純なだがやっぱり身体を駆使したシーンの数々が魅力的。
出てくる古き異郷としての香港、欧米ではさぞかし♪と思うし、日本人にとっても海外は憧れだったから、興味深く香港情緒を楽しめたんだろう。

残念なのはハンの島での色々な試合のシーン、あの泣き叫ぶリーの姿までは見ていられなかったこと。
今度DVDでも借りようか。

別窓 | 自宅にて | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
トーク・トゥ・ハー
2010-07-24 Sat 19:09
「語れども返す言葉なきあなた返事なくとも伝えたい思い」



記者マルコと女闘牛士リディア、看護士ベニグノとバレリーナアリシア
彼の彼女も彼の彼女も答えてくれぬ眠り人、返事せずとも変わらぬ美しさに男は惹かれつつ、いつもいつも思いを語る。でもこんな愛は辛い、人形じゃないんだから。助かることもあるし、そうじゃないこともあるが、この単調な日々、思いは高まるかもしれないし、どんどん下がるかもしれない、いずれにしても二人のように私も耐えられないと思う。
今、家族が同じ状態になったら....耐えられない。

マルコの涙、思い出に耐えられず出ているようだが、なぜ?と感じることが多い。ラストのバレエを観ての涙もなぜ?
トーク・トゥ・ハー - goo 映画


トーク・トゥ・ハーの続きを読む
別窓 | 映画館にて | コメント:6 | トラックバック:0 | top↑
エイリアンVSプレデター
2010-07-24 Sat 11:54
「敵の敵は味方本当の敵は」

ポール・W・S・アンダーソン
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
発売日:2008-05-02

案外!!の世界!!
なんだか勝手に深みにはまる人間は馬鹿らしいが、モンスター同士の対決は見もの。
「エーリアン」シリーズは何本か観ているが、今度は「プレデター」のシリーズもちょっと見てみたい気がする。怖いけど。

エイリアンVS.プレデター(2004) - goo 映画
エイリアンVSプレデターの続きを読む
別窓 | 自宅にて | コメント:7 | トラックバック:0 | top↑
ザ・ロード
2010-07-18 Sun 21:33
「火をつなぎ人であること伝えつつ父と子南へとたどり行く」



原作の静かで淡々とした長くてツライ旅が、映像でどう表現されているのかと気になっていた映画。ロードショーは今週と来週で終わりとのこと、私が観に来るのに時間的には今日しかなさそうなので急きょ劇場に来たが....上映50分前に引き換えをしたのに、順番は34!ええええっそんなに多いの?確かに入場前の人混みもなかなかなもの。

映画も単調だけど、二時間の枠内で楽しめるようにしてあった。

映像的に単調にならないように時々視覚的な刺激!!つまり究極の場では人も食糧になる、人を追いかけ、そして解体の血の痕が...。リアル感を求めるのではなく、観ているものに何かがあったと思わせる手法は良かった。
ストーリーは、何もない破壊された世界で父が息子を連れて南へ向かうというもの。その途上で追いかけて来るやつら、同じように道をたどるが猜疑心で傷つけあってしまう人々、そしてもうヒトでないモノの出会い。そのみちすがら今はいない妻・母親との過去の思い出を語る。まさに原作通り。文章で語られるのを映像で分かり易く表現されていた。
(主人公たちの姿が、路上生活者のように古着やビニールをまとっているのはリアル感があった。私たちもこんな生産のできない世界なら、残されたボロをまとい、残された食べ物を拾って食べるしかないか)
ザ・ロードの続きを読む
別窓 | 映画館にて | コメント:4 | トラックバック:1 | top↑
<DVD>ラン・ファットボーイ・ラン 走れメタボ
2010-07-18 Sun 12:09
「ぐうたらあんちゃんあなたにマラソンを」

デヴィッド・シュワイマー
ワーナー・ホーム・ビデオ
発売日:2009-06-10


やる気がなく、いつも途中であきらめるぐうたらデニス、昔の恋人リビーのため、息子ジェイクのためなんとかマラソンを走りぬこうと♪
デニスのダメさ、もうホトホトいやになる、私は....やっぱり自分でしない人、嫌い!こんな奴なんか負けてしまえ!と。
でもその分、ラストで壁を乗り越えた!感覚はよく分かります。
別窓 | 自宅にて | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<TV>デンジャラス・ビューティー2
2010-07-15 Thu 22:11
「今度はFBIの顔セレブ雑な女も友達あれやこれ」

ジョン・パスキン
ワーナー・ホーム・ビデオ
発売日:2005-10-07

今日は自宅でTVを♪
この映画は昔観たが、レンタルショップに行ったときまた借りてみたいなぁと思っていた映画、そんな映画を久々にTVで♪
グレイシー役のサンドラ・ブロック、雑な女とセレブを演じているが....もしかしたら雑なスッピンの方が似合っているかも???セレブも悪くはないけど、ドタバタッポイ、賑やかな姉ちゃん、似合っている♪鼻を鳴らすもの~♪~♪
1のようなビックリというのはないけど、男縁のない二人の無敵女の友情、ちょっと馬鹿っぽいミスアメリカちゃんとのお友達ごっこ、それなりに楽しい。ストーリー自体は別になんてことはないけど、楽しめてよかった。

デンジャラス・ビューティー2(2005) - goo 映画

別窓 | 自宅にて | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
アルゼンチンタンゴ伝説のマエストロたち
2010-07-09 Fri 23:10
「タンゴの濃厚なひととき一夜だけに集う50年を経た技」



予告編を観て是非とも観たくなっていた映画、今日を逃すと映画館でもう観れないかなぁと思って、周りにある観たい映画何本かを振り切って鑑賞。

こんな風に音楽を映画で楽しむのもいい。50年を経て集まったタンゴの大御所たち、もう80台のおじいちゃん、おばあちゃんたち、彼らの一夜だけの演奏会、この濃密さにどっぷりと浸かるともう私もブエノスアイレス・コロン劇場の観客席の一人。一曲終わる毎に拍手したくなる。バンドワゴン、ピアノ、ギター、バイオリン、そして歌♪すべてはタンゴの濃厚な香りの中もう浸るしかない。気持ち良いひととき。

私自身はタンゴは知らないが、本当にこの情熱を持った音楽、そして踊り。映画を通して引っ張られる。この世界に行ってみたい。今スペイン語を勉強しているからマエストロたちがしゃべるスペイン語の中で知ってる単語が出てくるとうれしい。今度は生できちんと彼らの声を聞きたい。意味分かりたい。
今日はやっぱりこの映画を映画館で観て良かった。

アルゼンチンタンゴ 伝説のマエストロたち - goo 映画
アルゼンチンタンゴ伝説のマエストロたちの続きを読む
別窓 | 映画館にて | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
<DVD>崖の上のポニョ
2010-07-01 Thu 21:36
「そうだったの金魚みたいな子どもが人魚姫のように魔法で少女」

宮崎駿
ウォルトディズニースタジオホームエンターテイメント
発売日:2009-07-03

簡単な筋のようで、不可解感も。
ポニョの父のフジモト、母のグランマンマーレもなんか存在は???幻想的。
そうすけはなぜ父や母のことを名前で呼んでいるんだろうか?
またあの嵐と高潮なになんだろうか???

そんなこんなでなんか納得できないんだが.....これが無意味に理解できない大人の悪さかも。
別窓 | 自宅にて | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
| westさんに映画を |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。