westさんに映画を 映画館で映画を見るようになってきたので、映画・演劇などの記録を....
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
DVD インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア
2010-05-29 Sat 23:58
「タイトルどおりなんだが勘違いしてた吸血鬼の人生談だ」

ニール・ジョーダン
ワーナー・ホーム・ビデオ
発売日:2008-04-11

有名な作品なんだが、恥かしいことに今まで観ていなかった。
なんでかというと....一つはオカルト的なんで興味がなかったのと、もう一つはこれはインタビューなんだと思っていた。つまり、吸血鬼映画のことをトム・クルーズ、ブラッド・ピットがインタビューに答えているんだと思っていた。
この二つ目の勘違いはなんでおきたのか???

はじめて見てこんな面白い物語とは♪しらなんだ。観てよかった。

DVD インタビュー・ウィズ・ヴァンパイアの続きを読む
スポンサーサイト
別窓 | 自宅にて | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
プリンス・オブ・ペルシャ/時間の砂
2010-05-28 Fri 21:33
「時戻るナイフをめぐりグスタンは姫にだまされ行きつ戻りつ」



これは大スペクタクルだからもう大画面でみるしかない!とやってきた。目まぐるしい動きに私の目も点に??
ペルシャのエキゾチックな音楽に衣装、砂漠でそそられるものがある。グスタン王子はそれなりに勇ましいし、タミーナ王女も活発な美女。

襲うもの、襲われるもののアクションもすさまじい動きでついていけないほど。画面も見どころ一杯で、飛びはねるグスタン!襲い掛かる兵士たち!で、肉体系というよりはCGなどお金がどっさりかかってる!って感じ。

古典的な意味での美女と勇者の物語、ラストもめでたしめでたし。



プリンス・オブ・ペルシャ/時間の砂の続きを読む
別窓 | 映画館にて | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
お初♪アポロシネマ8
2010-05-28 Fri 20:45
「はじめてのアポロ二つのビルに八つここって昔からのシネコン」



このビルに映画館があるのは知ってたが、初めてだ!ビル二つをつないで映画館がある♪周りのショップと溶けあってる。でもチケットは1階でしか買えないようだ、要注意。

今回は、事情があってここのチケットを買ったので初見参。
お初♪アポロシネマ8の続きを読む
別窓 | 映画館めぐり | コメント:4 | トラックバック:0 | top↑
写真家中山岩太 レトロモダン神戸
2010-05-26 Wed 23:00
「出先にて頂きたるは招待券♪行きたかったの写真惹かれて」

127502944202616330326_20100528155042.jpg

ほんの一時間しか時間がなく、駆け足での鑑賞。
神戸に居をかまえ、写真をとった中山岩太、昔の神戸のおしゃれな町並みが...いいなぁ。
大正から戦前にかけての写真家、東京美術学校を卒業後、国の派遣でニューヨークへ、そのほかスペインにもいっているようだ。帰国後、神戸芦屋に住み、あの大丸神戸店でスタジオを持っていたとか。このためモダンガール達の写真が一杯。またみなと祭りの写真もとっている。
知らない時代だけど、懐かしい感じ。

神戸を振り返る写真も一杯、神戸を鉄道が入ってくるとき、神戸市民は高架か地下化を希望したとか。このためモダンな高架の鉄道ができた。神戸の町を走る高架の鉄道、これもなんかいいシーン。
写真家中山岩太 レトロモダン神戸の続きを読む
別窓 | その他 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
マイレージ、マイライフ
2010-05-20 Thu 22:56
「私も夢見たマイレージライフ、叶えた彼は友もなくただ一人」




マイレージ、もう十数年前一生懸命集めていたんで、気になった映画、今日ここに。

仕事一筋でバリバリやるのは楽しい、しかもこんな風に飛行機で飛び回ってがんがん進むのは!できる男、できる女の世界だ。でもキツイだろうな。
「バックパックに入らない荷物は背負わない」人生、身軽で良いな、私たちは本当に身軽になりたがっている。ラストは寂しいのもあるけど、やっぱりやりたい時には.....もしかしたらアレックスのような生活が二重の人生を送れていいのかもしれないが。

ライアン役のジョージ・クルーニー、確かに高級感のある方、持ち物もスーツもしっかり決めて、クールに言葉を。そんなかれから解雇を言われたら....ある意味キツイね。講演会でのあの自信を持った言葉、いかにもできるコンサルタント!って感じ。
またキャリアウーマンでバンバン飛び回ってるアレックス役のヴェラ・ファーミガ、美人というわけじゃないが色気一杯でいいお姉さん。ライアンとの言葉遊びも面白い。
ナタリー役のアナ・ケンドリック、成績優秀で大学を出た才媛って感じ良く出てる。

マイレージ、マイライフ - goo 映画
マイレージ、マイライフの続きを読む
別窓 | 映画館にて | コメント:6 | トラックバック:0 | top↑
<DVD>ペーパームーン
2010-05-16 Sun 22:16
「顎の形似てるだけで父されて行くはミズリー口先八寸」

ピーター・ボグダノヴィッチ
パラマウント ジャパン
発売日:2006-04-21

久々に味わうモノクロ、でもここ数日はモノクロばっかり観てるなぁ。

さてアディー、どんどん可愛くなってくる、こまっしゃくれて男の子っぽい不細工?な子が、機転の利く賢い娘にドンドンなっていく。いいなぁ、9歳でタバコ吸ってるあの姿はイヤだけど。
ペーパームーンの写真もなんか変?その変さが引き立ってるのかも。
ムカムカシみた映画、いいものはいい。
この映画を観て、テイタム・オニールのファンになった。一見可愛くなくてもそれなりの仕草が可愛さを引き立てる。

PS こちらにもマデリン・カーンが出ている。あのカン高い声、お笑いを引き立てるなぁ。
別窓 | 自宅にて | コメント:4 | トラックバック:0 | top↑
<DVD>ヤング・フランケンシュ タイン
2010-05-16 Sun 16:58
「悲しみフランケンシュタインに笑いをモノクロからあふれるプッ♪と」



これは昔買ったDVD。今回「フランケンシュタインの花嫁」をみて、ええええっ!このシーンもパロッてる!と懐かしく思って観ることにしたが
やっぱり良い!!これは傑作だ!!
恐ろしくて!面白くって!そして悲しい。
あの名作「フランケンシュタイン」の良いところを全て含んで、笑いを加えて再現してくれた。ここまでうまく現代版であの悲しさを含んだまま笑いで再現してくれるとは。

トランシルバニア・ララバイ(トランシルバニアの子守歌)のあの音色、もう涙ぐむ。モンスター、博士だけでなく、私たちも物悲しさ、タマラナイ。最後の方のシーンで怪物が壁を登ってくる、この子守歌に呼ばれ、徐々に徐々に.....もうちょっとで頂上だというところ、私も後一歩に手を貸したくなる、頑張れ!と。

昨日観た「フランケンシュタインの花嫁」で出てきた、盲目の修道僧と怪物との出会い、まさにこのシーンはうまい取り込みだ。恐怖と悲しみの原作を、笑いと悲しみに変えてくれた。スープを入れるシーン、ワインを飲むシーン!!なんてうまく笑いにつなげているんだ。

<DVD>ヤング・フランケンシュ タインの続きを読む
別窓 | 自宅にて | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<DVD>マイノリティ・レポート
2010-05-15 Sat 19:02
「予知とはあることありそうなこと無けりゃ嘘だし在れば予防できぬ」

スティーブン・スピルバーグ
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
発売日:2003-05-23

二年前に買ったDVD、今日あることに気づき、やっと。

映画の最後の方で出てくる言葉「自分の未来は自分で決める」。なんか矛盾が出てきそうな言葉なんだが。つまり予知って絶対ではなく、沢山ある未来の内の一つを見せてくれるってこと。だから違う未来もあり得る。それが「自分で決める」ことなんだろう。

予知能力者は「プリコグ」とのこと、これって何の略だろう?予知局はprecrime となってるので、なんかこれに近いものだろう。

原作はP・K・ディック、こんな原作を読むのもいいなぁ。日本語ならなんか古臭い訳になっていそうだから、英語で読みたい。
別窓 | 自宅にて | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
<DVD>フランケンシュタインの花 嫁
2010-05-15 Sat 16:07
「怪物といえども男欲しいのは友達同じ生き物を手に」

ジェームズ・ホエール
ファーストトレーディング
発売日:2006-12-14

出だしが面白い、前作の続きをシェリー夫人が述べるということで♪
また前作に続き、こちらも怪物がかわいそうでかわいそうで....なんでここまで迫害される二か!!確かに怖い顔だが.....でも本当に友達が欲しいんだ。
まったく知らなかったが!!怪物は実はしゃべるんだ♪
またこんな風に妻が...できるんかなぁ? ちなみに始めのクレジットでは”The Monster's Mate ?”と出てるなんて♪粋だね。
この映画、モンスターの恐怖映画だが、しっかり遊んでいる、いや差別って問題を述べているんだ。
昔、怖い怖いと目をつぶって観ていたんだが、やっぱりこの映画怖いだけのタダモノではない。

<DVD>フランケンシュタインの花 嫁の続きを読む
別窓 | 自宅にて | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<BS>阿弥陀堂だより
2010-05-13 Thu 19:40
「何もかも都会に疲れ田舎にもどれば故郷がしみこんでくる」

阿弥陀堂だより(2002) - goo 映画


<BS>阿弥陀堂だよりの続きを読む
別窓 | 自宅にて | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
<BS>大統領の理髪師
2010-05-09 Sun 19:00
「韓国の時代とともに波乱あり」

朝鮮戦争のあとの韓国の時代、確かに大統領の強い力で伸びていたんだ。そんな時代と併せて理髪師ソンの生き方を述べてる。決して誇れる人じゃないが、それなりに時代をなんとか生きてる♪
韓国の国家権力との対比で面白く作ってる映画だ。

イム・チャンサン
アルバトロス
発売日:2005-08-05

大統領の理髪師(2004) - goo 映画

<BS>大統領の理髪師の続きを読む
別窓 | 自宅にて | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
月に囚われた男
2010-05-08 Sat 15:27
「いつまでもいつまでも地球のために働いておくれ一人寂しく」



月に囚われた男 - goo 映画

このタイトル意味深♪
英語では"MOON"、エンドクレジットでは" lunar company limited"という言葉も入っていたが、今回邦題をつけられた方はエライ!主人公のサムは月に囚われているんだ!どこまでもどこまでも「一人で」「3年」掘削作業を続け、地球へのエネルギー供給のために働く、それが彼。
普通人間が一人で長い間生きられないよ~!それを三年と区切っても....とても耐えられないよ~!だから幻想?も出てくる。確かに全てを助けてくれるコンピュータ、ガーディーがいて、友達のように話もしてくれる。基地の中は快適♪でも一人では3年が限界、身体も。。。。。。
この映画は途中からスリラータッチの恐怖を感じる。

状況設定は分かっていても、物語が進むにつれてその「一人で」「3年」の意味が分かってくる。ええええええっこんな理由だったのか!!と。

月に囚われた男の続きを読む
別窓 | 映画館にて | コメント:4 | トラックバック:1 | top↑
オーケストラ!
2010-05-07 Fri 22:09
「仲間集めてユダヤ楽団復活迫害に負けるなアンドレイ」



最後の演奏シーンに向かって、無理を無理ともせず突き進む元指揮者のアンドレイ、時には悩みながら恐る恐る、大胆に仲間を金ズルを得ていく。敗者?復活へ向けての意気込み、うんなるほど、共感できる、頑張れ♪と。
アンドレイが前向きに一直線だけでなく、ときどき崩れてよれよれになるのがいい。

オーケストラ! - goo 映画

オーケストラ!の続きを読む
別窓 | 映画館にて | コメント:8 | トラックバック:1 | top↑
あなたのためならどこまでも
2010-05-05 Wed 15:51
「出演は大阪落語界みなお遊びでやりたい役したはるわ」



桂あやめさんが、2009年の彦八祭りの「噺家ムービー大上映会」のために作った作品。お話自体は、風来坊の師匠、楽駄(鶴瓶)のために奮闘する弟子凸風亭楽好(月亭八光)。師匠を落語界会長にするため、各一門にお願いに回る。雅楽、食い道楽、SM、やくざとそれぞれ一門の試練に耐えて~♪

夏祭りで上方落語界総出でたのしくおちゃらけ。おもろいで。この映画をあんまり馬鹿にしちゃ行かんぞ!といいたくなるほどの、お遊び。

ストーリーも簡単で楽しめるようになってる。さてどたながどこに登場するか、お楽しみにという感じかも。
馬鹿馬鹿しいけど、こんなお遊びも楽しい。
あなたのためならどこまでもの続きを読む
別窓 | その他 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
中之島映画祭5月5日
2010-05-05 Wed 15:37
「女と男と女相関図を描けばパズルパチン組合わせ」

今日は一本だけ



『晴れた日には隣人と』 青春群像劇 73分
 出てくる若者みんなが自分のつぶやき画面に向かって♪
 分かるなぁ、知られちゃいけないが、つい言いたくなる独り言。「愛してる」といいながら『不安だ』、セックスしながら実は『オムライスを食べたい』、自分の髪形、『彼女は気に入ってくれるのだろうか』....
 沢山の若者が男女色々なつながりがある、これをたどって相関図作ってみたら面白そう。別に複雑じゃないけど、なんか変なつながりがあって興味を引く。
監督は大阪芸術大学の出身だろうか、舞台や背景大阪の南の方だった。

中之島映画祭5月5日の続きを読む
別窓 | その他 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
中之島映画祭5月4日
2010-05-04 Tue 21:00
「中之島映画もここから発信を」



中之島祭りに併せてやってる中之島映画祭でちょっと作品を観てきました。
これはシラナンダが、もう8年もしているようです。商業映画ではなく、自主作品を集めて、「面白いのん、どれや!」って若い人たちの作品を上映しています。
入場料は無料♪なんと面白い企画。

今回私が観たのは3本、どれも作り手の意気込みあふれる良い作品だった。
映画を観た後で、審査タイムとして7分あり、もらった用紙に記載する。なんか楽しいな。

中之島映画祭のサイトはこちら


中之島映画祭5月4日の続きを読む
別窓 | その他 | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
第9地区
2010-05-01 Sat 21:41
「何れの難民問題きびしくて共存それとも隔離どっち」



チャンスを待って!待って!ついに!(ただ観に来るタイミングが合わなかっただけなんだが) 映画の日にやっと拝見。

う~ん、ストーリーとしては良いモノ持ってる、でもちょっとグロい。
難民かもしれないエーリアンの救出、難民村の”エビ”達の生活、救済に協力するNPO、地元民との衝突、いかにものの状況設定♪いや既にある難民問題そのものだ。『アバーター』と同じく、SFという異世界を舞台にしながら、人類、私たちの色々な問題、他との共生の問題を取り上げている。アカデミー賞にノミネートされただけのものだ。問題提起として、また色々考えさせられるものがある。日本にも難民を受け入れているが、ある意味どうしていくのか、スラム化の問題も考えねばならない。

第9地区 - goo 映画

第9地区の続きを読む
別窓 | 映画館にて | コメント:6 | トラックバック:1 | top↑
| westさんに映画を |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。