westさんに映画を 映画館で映画を見るようになってきたので、映画・演劇などの記録を....
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
影武者
2010-04-29 Thu 14:31
「影法師家臣の御輿でお館様にさせられてなるわなるわ」


3時間の超大作、戦のシーン、影法師がうなされる夢のシーン、最後の惨敗武田勢...色々有名なシーンがあったなぁ。
やっぱり黒沢、映画を観る我々を楽しませてくれる。見せ場が一杯。
黒沢監督の凝り方は半端じゃないし、あの倒れる馬の数々もスローな動きに目をひく。
これはやっぱり映画館の大画面でみないとね。

影武者(1980) - goo 映画

PS 敷島シネポップ、ロビーの青空の天井、健在だった。なんで先日気付かなかったんだろうか??
影武者の続きを読む
スポンサーサイト
別窓 | 映画館にて | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
隠し砦の三悪人
2010-04-26 Mon 23:09
「六郎太姫を助けて金欲しさの凹凸コンビと脱出を」



今まで名前だけのこの映画、やっと観ることができた!とてつもなく面白い物語じゃないか!!題名が今一つ私には惹かれていなかったので観ていなかったのだが、なんて馬鹿だったのか!!
忠義そのものの六郎太、男勝りの勝ち気な姫さま、小心ものだが金に強欲で隙あらば金を持ち逃げしようとする凹凸コンビの又七、太兵。こんな四人の逃亡の旅、そこに絡まる敵国の槍の侍大将田所兵衛。ロードムービーともいえる面白さ。スピルバーグが凹凸コンビを参考にして、スターウオーズのあのメンバーを考えたというのもうなづける。歴史的な作品だ。

隠し砦の三悪人(1958) - goo 映画

隠し砦の三悪人の続きを読む
別窓 | 映画館にて | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
来た!敷島シネポップ
2010-04-26 Mon 22:54
「ありゃあ来たことないかも覚えなきシネマ忘れたシネマ」



ここはTOHOシネマズでもちょっと異質な立場のところ、来た感じ、そう昔ながらの専門館の雰囲気。
今回は黒沢明のポスター展示もあってなかなかいいね。
来たことなかったのかなぁ????




来た!敷島シネポップの続きを読む
別窓 | 映画館めぐり | コメント:8 | トラックバック:0 | top↑
壬生狂言
2010-04-25 Sun 19:53
「時代場所問わず言葉言わずともみてりゃおもろい下々の話」



全くの偶然だが、今日は春の大念仏会の9日間のうちの一日。しかも開始直前の良い時間11:30にここ壬生寺に来た。開場12:30に向け、もう数十人の人が待っていたが、私はまずは昼食をとってから並ぶことにした。

面白い♪壬生狂言!!音楽は太鼓と鐘と笛、言葉は一切話されない全て動作で♪その意味では外国人でもわかる要素がある。ただ内容を良く理解するためには、ストーリーを知っておくべきかも知れない。「壬生狂言解説」を200円で売っているのでこれを読んで筋の理解を。
すべての狂言を通していくつか印象に残った点を
・負けたりしたとき、仕方ないなぁと『後頭部ボリボリ』。分かりやすいなぁ。
・調子合わせに、『足をドンっと』、これをきっかけに動きが始まる。
・うながすように『手をたたく』、なんか調子をとっているようで、面白い。

今日は1時から6時までに5曲だった。はじめは一つ二つ観たら次へと思っていたけど、こんな楽しさでついつい最後までいてしまった。
案外有意義な週末を過ごせた。壬生寺にきたのは全くの偶然だけど、狂言は年に一回たった9日間だけ(10月と2月も数日あるらしいが)、その貴重な日に観ることができて大感激。

壬生狂言の続きを読む
別窓 | その他 | コメント:4 | トラックバック:0 | top↑
TV怪物くん2
2010-04-24 Sat 22:45
なぜか今週も観てしまった。

なんか共感しちゃう、「お金って自分で稼いで、使うんだ。楽しく♪」
いいね。
やっぱり読みたいマンガの「怪物くん」、昔のアニメ。

「俺は怪物くんだ。怪物ランドの王子さま~♪」

別窓 | 自宅にて | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
眠狂四郎魔性剣
2010-04-23 Fri 17:03
「おんなおんな眠に群がりあるは死」



今日は休みをとって色々必要なことをしてちょっとヒマ、そんなときに新梅田シティーにいったら、丁度市川雷蔵祭りの時間。これは観たかなぁ、いや観ていない!時間もちょうど良いし、では観よう♪

眠になぜか群がってくる女たち、色で♪かわいらしさで♪憎しみで!来るが、彼女たちに待つは.....
また子供を救うために眠りが道中を続けるんだが、子供から「おじちゃん♪」と呼ばれる眠りをみていると、なんともいえぬ微笑ましさ。
それにしても眠りの殺陣は良いです。あまりにもバッタバッタと殺しすぎるといえばそうだけど、まぁ踊りと思えば。

眠狂四郎魔性剣(1965) - goo 映画

眠狂四郎魔性剣の続きを読む
別窓 | 映画館にて | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
となり町戦争
2010-04-21 Wed 00:13
「戦争はリアルそれとも業務」

渡辺謙作
角川エンタテインメント
発売日:2007-09-28

原作を読んでこの映画是非とも観たかったんだが観逃がしていた。
でも今回やっと拝見。
どんぱちもなくこれほど戦争の恐怖を訴ったえた映画ないね。ストーリも訴えるものがあったが、映画化にあたっては実にそれをうまく映像化してくれている。北原がとなり町から舞阪町に逃げ帰るところは本当に怖い。

映画っていつも華やかな世界を与えてくれるけど、こんな風にストーリーだけでも♪
戦争の怖さを訴えるってこんな方法もあるんだといういい作品。こんなん世界的に認められないのかなあ。世界に討ってでたら良いのに。

となり町戦争(2006) - goo 映画

となり町戦争の続きを読む
別窓 | 自宅にて | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
TV怪物くん
2010-04-18 Sun 23:10
「無理してもCG実写化ドラマへと馴染みの彼はそうだんたんだ」

大好きな大好きなあの「怪物くん」、再び観ることができ満足♪
CGでかなり無理してやってるんだが、まぁこんなもんでしょう。
でも怪物くんのキャラクターってこんな我がままだったんだ、忘れてた!確かにフランケンやドラキュラ、狼男が恐れるボッチャンだったんだが、あんなに短気でイラチだったんだ。再発見。
藤子フジ夫Aの原作漫画を観たいなぁ、今度古本屋で探してみよう。ちなみにテレビくんで再連載もあったらしいが、初めの作品読みたい。
別窓 | 映画館にて | コメント:6 | トラックバック:0 | top↑
<DVD>アメリカの夜
2010-04-18 Sun 22:07
「映画『パメラ』を撮るために監督一家構え人間関係ほぐし」
   フランス語原題 LA NUIT AMERICAINE (英題:Day for night)

フランソワ・トリュフォー
ワーナー・ホーム・ビデオ
発売日:2008-10-08



昔観た映画、あの時は私は子供だった。この映画の題名「アメリカの夜」は昼映画を撮って夜のように見せること、つまりマガイものってことだけを覚えていた。
でも今はなんか心にしみわたる。
この映画つくりの情熱、監督の苦労生き生きと描かれ、「つくる」ってことの楽しさ、苦しさを味わえる映画だ。関係する俳優たちの人間関係、取り巻くみんなの思い。
ジャクリーン・ビセットの映画後のインタビューの言葉『(トリフォーは)カーチェイスや視覚より役者の演技に焦点が当てられる』
これって言えてる、この映画本当に人に焦点を充ててる。それと本当に現実との融合があって面白い。ハリウッドから本当に来てはじめてのJビセット、欧州のスターたち、夢と現実と映画の虚の世界が交差している。

<DVD>アメリカの夜の続きを読む
別窓 | 自宅にて | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<DVD>どろろ
2010-04-17 Sat 21:34
「好きです両腕の剣百鬼丸魔物倒して身体取り返せ」

塩田明彦
ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン
発売日:2007-07-13

手塚作品「どろろ」を一生懸命うまく映像化してくれている。失望することなく観ることができた。
戦国の時代、日本のようだけどどこの世界かはわからぬこの不思議な世界、魔界の世界のような暗い世界、よくぞ描いてくれた。
また殺陣も真剣にすばらしく、手塚の世界あのオドロオドロしい世界とのマッチ。魔物との対決も面白い。天狗のような魔物との空中戦も♪

<DVD>どろろの続きを読む
別窓 | 自宅にて | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
ウルトラバイオレット
2010-04-17 Sat 01:02
「ジョヴォヴィッチの剣の舞アメコミを生身の美と技で次々と」

カート・ウィマー
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
発売日:2008-10-22

この映画では、ミラ・ジョヴォヴィッチの本当に美しいお姿を楽しませてくれる。すらっと伸びた長身で長い足、引き締まったお腹、そしてその髪、バイオレットにブラックに♪。
なんといってもこの目がいい。
また服も黒、白、赤の単色が似合う。一つの色に統一され、その服と肌の白さ、髪、そしてあの目。すごいね。

この映画はズーっと前から気になっていたんだ。こちらに差し出されたあの剣はなんだろうと。あこそには漢字のようなものが書かれているようで♪。それと「バイオハザード」も観たいなぁと思っていた。今日どちらにしようかと迷って、あちらは観たことあるので、こっちにした。
ウルトラバイオレットの続きを読む
別窓 | 自宅にて | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
DVDを借りに行って
2010-04-16 Fri 20:03
今日は映画館よりもDVDを♪
なぜなら百円で借りれるから......

と思っていると、どの映画を観ようかと探して一時間。
やっぱり無駄時間が....

で結論として借りたのは
・ウルトラバイオレット
・アメリカの夜
・どろろ
・となり町戦争
本を読んだりして、最近気になった作品を選んだ。

ちなみにフェリーニの8 1/2はVHSしかないとかで....諦めました。
別窓 | ひとり言 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
ブルー・ゴールド
2010-04-15 Thu 22:57
「水商売オイルの次の利権負けるな権利を我が手に戻せ」



なかなか観に来るチャンスがなく今日やっと♪
これからは「水」、その利権をめぐって大企業は活動している。コーラより高い水、そんな馬鹿な!ってのが行われている国がある。大企業が水を独占し、水とコーラを販売、そしてなぜか水の方が高く売られている?安全な水はないから。

確かにいつからか水ビジネスに注目♪という記事が良く出ていた。途上国の援助でも水が足りないから井戸を!砂漠の国では淡水化技術を!水道水は危険だからミネラルを!これからは水が貴重、政府の公共事業では力もなく不十分だから民活でもっと善いものを!とかの言葉が出ていた。日本でも民営化ということで民の力を活用しよう♪と色々話題もあったような?

でもビジネスになるというのはその利権を得るために色々な活動がある!ってこと。弱いものは淘汰される。でも水は生きているもの全てに必要なもの、誰かに押さえられる?そんなの許せない!

ブルー・ゴールド 狙われた水の真実 - goo 映画
ブルー・ゴールドの続きを読む
別窓 | 映画館にて | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
DVD 地獄門
2010-04-09 Fri 22:26
「荒武者も美女に惹かれて一途にて」



ふと買って手に入れたる古い映画DVD。
長谷川一夫がなんと夫ある妻への横恋慕の悪役盛遠(もりとう)だ。色っぽい京マチコさんが、夫一筋の妻袈裟(けさ)を演じている。そして、なんと!!あの山形勲が公家でやさしい夫渡(わたる)を演じている。
盛遠はどこまでも袈裟をおいかける酷い荒武者だ、恋焦がれて人妻を得んがため必至に♪こんな配役があるんだ!また渡は公家でおっとりした良い人。物事にどうぜぬすばらしい。

最後は泣けてくる、「夫は妻から求めて欲しいのは、信頼だ、なぜ救いを求めてくれなかったのか」と渡の言葉、首をハネテ欲しいとわびる盛遠に「せんないこと・・・ただ一人の妻が死に臨んで何も言ってくれないこの私はどうすればいいのだ」
地獄門(1953) - goo 映画

DVD 地獄門の続きを読む
別窓 | 自宅にて | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
雪之丞変化
2010-04-06 Tue 12:44
「一粒で三度美味しい♪親・敵討つ女形・庶民助くる義賊」



大川橋蔵のテンコモリ。色々な橋蔵さんを観ることできる。

 艶やかで舞台で踊る女形雪之丞、
 米買えず苦しむ庶民のための義賊闇太郎、
 実直な米商人清左衛門

いずれも生き生きとしたお姿。

雪之丞変化(1959) - goo 映画

雪之丞変化の続きを読む
別窓 | 映画館にて | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
「映画館(ミニシアター)のつくり方」を読んで
2010-04-04 Sun 22:27
「映画観るその場つくるはミニシアタ思い見せてくれる支配人」

映画芸術編集部
ACクリエイト
発売日:2009-12-25

「映画館(ミニシアター)のつくり方」を読んでの続きを読む
別窓 | ひとり言 | コメント:6 | トラックバック:0 | top↑
追憶
2010-04-02 Fri 19:09
「ツンツンに尖がってケイティー尽くしたいハベルと歩いた二人の道」




若いころ観て、退屈で眠たい映画だったが.....年とってさて?
やはり人生色々過ごしてくると映画で受けるものも違うな。自分が学生だったあの頃、ケイティーとハベルの離れつともに過ごしつその姿、私にはみえなかった。まだまだ先の遠い話と思っていた。でも今は。

冒頭のバーブラ・ストライサンドのハミングで始まるThe way we were の名曲、もうこの始まりだけでこの映画に全身が包まれるようななごみ。曲の中でケイティーの心が静かに語られているよう。

追憶の続きを読む
別窓 | 映画館にて | コメント:4 | トラックバック:0 | top↑
NINE
2010-04-01 Thu 21:36
「監督の身を削いでいく愛・愛・愛、映画にかけて女にかけて」



NINE - goo 映画

この映画に惹かれたのは「映画史上最もゴージャス&ファッショナブル」という言葉もあるが、ミュージカルって感じだったから。
でも観て!思っていた豪華なミュージカルというのではなく、作品を作り出す監督の苦悩を描き出した良い映画だなぁと感激。良い意味での違いがあったけど、この悩む監督の姿!しかと伺えた。
才能ある人ってなんでもできるし、その中で実は苦悩とあふれ出る思いの混乱の中で作品を仕上げるんだ。
妻がいて、愛人がいて、出てくる女優に恋し、女ジャーナリストに惹かれ、娼婦に迷い、そして愛するママの思い出にひたる。女たちに溺れつつ映画を作り出そうとする。
苦悩を踊りと歌のミュージカルで表現される、魅力的なダンスの様々、うーん魅力的な女性たち。

NINEの続きを読む
別窓 | 映画館にて | コメント:2 | トラックバック:1 | top↑
| westさんに映画を |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。