westさんに映画を 映画館で映画を見るようになってきたので、映画・演劇などの記録を....
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
春の夢
2008-04-25 Fri 20:27
木下恵介、あの大監督の作品。
これは金持ち、貧乏人の両方のあさましさを描いたもの、金持ちはそれなりに醜く、あさましく、貧乏人も....でもそんな中でもまともな人がいて苦しむ。
コメディータッチで社長宅で倒れた焼き芋屋のおじさんを中心に皆の悩みが描かれ、その中にロミオとジュリエットをもじった筋が何重か伏線にあって、興味深い。家族、人間関係の暗さを明るく描く。
'60という時代を色々知ることができる、オールドミス(30なのに?)といわれる秘書の久下美子、口八丁のお手伝いさん中村メイ子、婿とりで家を継がされるお嬢さん岡田菜莉子、かわいいお手伝いさん十朱幸代と若き頃の大女優が出演、小沢栄太郎のヘボな社長役、川津祐介の悩める腹ペコ末っ子。でも女優の皆さんは本当に美しい。

20080425202707220080425202707

春の夢(1960) - goo 映画
スポンサーサイト
別窓 | 映画館にて | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
神保町シアター
2008-04-25 Fri 19:19
古本屋街の裏にこんな劇場が!!
吉本の花月にもなるらしい。
東京ってこんなに一杯劇場があっていいなぁ、しかも今日は平日なのに7割方の客の入りとは驚き!!

2008042519191720080425191918
200804251919174200804251919172

別窓 | 映画館めぐり | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
東京国立近代美術館フィルムセンター
2008-04-24 Thu 23:39
初めて行ったが、素晴らしい施設。こんなところで映画芸術を残しているのか、上映会も毎日しているらしい。今日の「発掘された映画たち2008」は新聞などで大々的に発表された現存する日本初のコマ取りアニメの上映で8割方のお客さまの入り!!
ちなみにこの地(東京都中央区京橋3-7-6)は日活の本社跡地、へぇ?!

200804242339156200804242339154
20080424233915220080424233915

5月はEUフィルムデーで最近作品も上映される、観たいな。それにワンコインで観れるんだ!

東京国立近代美術館フィルムセンターのサイトはこちら
別窓 | 映画館めぐり | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
発掘されたアニメーション映画
2008-04-24 Thu 22:47
国立近代美術館フィルムセンターの映画会「発掘された映画たち2008」の一つから。
現存する日本初のコマ取りアニメ1917年作「なまくら刀」、翌年公開の「浦島太郎」を中心に合計9本のアニメを上映、半分は無声、残りは音付きだったが、無声のときはしーんとして咳一つできない静かな場、緊張した!!音付きの分はミュージカル仕立てだったりして楽しい雰囲気。
なまくら刀は影絵っぽく、'29のコブ取りはきれいな繊細な絵、'30の「火の用心」は絵と実写が混じった道徳教育映画、'48「熊に食われぬ男」はミュージカル仕立てで歌がいいね、'48の「狐と小鳥」はタイトル、スタッフ名に英文付き!、'48「バクダット姫」のお姫さまは時代を反映したふくよかで艶めかしい。
いずれも私の生まれるずーっと前だが、今の日本アニメの源流だ。でも「狐と小鳥」観たような気がするんだが、なぜか?
200804242247034200804242247032
2008042422470320080424224702


詳細は、こちら  東京国立近代美術館フィルムセンター
別窓 | 映画館にて | コメント:3 | トラックバック:0 | top↑
今宵、フィッツジェラルド劇場で
2008-04-07 Mon 00:46
いいなぁ、なんか楽しさと哀愁感が混じって。

ラジオ局の生番組、ラジオショウ「プレイリー・ホーム・コンパニオン」の最終放送時におこる出演者の悲喜こもごも、終わりに向かって静かに皆は歌う。
生番組というちょっと緊張感の中に、出演者みんなの交流が深まる。
CMも生ってのが緊張感一杯。でもアドリブなんぼでもokって面白い。


(2007-07-27)
Amazonランキング:17135位
Amazonおすすめ度:


今宵、フィッツジェラルド劇場で - goo 映画

別窓 | 自宅にて | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
ブラック・ダリア
2008-04-05 Sat 16:47
昨夜映画館に行けなかったので、レンタル屋さんに寄って見つけたDVD。

人間関係がちょっと混乱してしまって?!見ている途中に訳が分からない部分があった。名前を言われてもとっさに思い出せない。でも、DVDには相関関係図が付いているので、それをみて納得。

これは現実に起きた事件(映画女優を目指していたが今は娼婦の女性の腰から切断殺人、現在も未解決)を基にしているが、それを横軸に二人の刑事ミスター・アイスことバッキーとミスター・ファイアーことリー、リーの連れ合いケイとの関係がつづられる。この3人の関係、分かりづらいなぁ。

ケイ役のスカーレット・ヨハンソンはこの時代における金髪美人!って感じで、非常に綺麗だった。大富豪の娘のマデリン役のヒラリ・スワンクの黒との対比が鮮やかで目を惹いた。


ブラック・ダリア - goo 映画
別窓 | 自宅にて | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
| westさんに映画を |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。