westさんに映画を 映画館で映画を見るようになってきたので、映画・演劇などの記録を....
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
道頓堀東映 蛍の光で
2007-04-20 Fri 20:53
070420-203955.jpg

最後の最後にここで映画を観た。
600席もあるデカイ映画館、スクリーンもデカイ
最後の映画の後は拍手でさようなら。
残念ながら閉館、蛍の光を聞きながら外に出た。
    それにしても、「ぽっぽや」を最後に持ってくるなんて....辛過ぎる
道頓堀東映 蛍の光での続きを読む
スポンサーサイト
別窓 | 映画館めぐり | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
鉄道員(ぽっぽや)
2007-04-20 Fri 20:48
高倉健、泣かせるねぇ。
道頓堀東映もなんと悲しい仕事一途の男の話を持ってくるんだ、映画館の最後に、ぽっぽやで生きてきた男の最後を。
泣ける、なんでこんな悲しいのを最後にしたんだ。

鉄道員(1999) - goo 映画

別窓 | 映画館にて | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
明治侠客伝 三代目襲名
2007-04-20 Fri 18:43
20070420184305
鶴田浩二
うーん、侠客映画の醍醐味、いじめられて、邪魔されて、苦痛を浴びせられ、親分を、友を失い、愛も.....
そして最後に封印を切って、悪玉をやっつける。
これは皆共感するだろう。
久々に観てしびれた。

明治侠客伝 三代目襲名(1965) - goo 映画
別窓 | 映画館にて | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
十三人の刺客
2007-04-20 Fri 17:08
将軍の弟ということで放蕩にの限りを尽くす殿を成敗するために立ち上がった13人の侍
馬鹿殿の側の参謀、半兵が悲しくてできた部下だ、彼との策略戦手に朝握る。

片岡千恵蔵

十三人の刺客(1963) - goo 映画
別窓 | 映画館にて | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
仁義なき戦い広島死闘編
2007-04-20 Fri 14:55
菅原文太主演といっても欣也さんが主演だなぁ。
やくざの世界、義理も人情もない。どんどん殺されて行くっていうのがものすごい、血が!!!これが昔私がついて行けなかった(今もだけど)
仁義なき戦い 広島死闘篇(1973) - goo 映画


20070420145539

北大路欣也さんの舞台あいさつ(司会浜村淳)
・千葉真一の狂犬のようなやくざと欣也さんの役は逆だった。
・映画を撮っているときその裏にいる人が見える。私の瞳をみたらそこに映っている。
・時代、環境、価値観が変わっている。家庭の劇場とこことを縮めることも大切。
・ここを守ってくれた皆さんに感謝したい。
・一世一代、「らしくない」といけない。(父の言葉)
(さすが、劇場内は満員だった)
別窓 | 映画館にて | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
0課の女
2007-04-20 Fri 12:44
070420-102124.jpg

杉本美樹主演、74年の作品。
女である身体を使いながら警察のどこの組織にも属さないで女デカ。うーん劇画なら許せる理不尽なシーン、笑っちゃいけないが...笑う、なんでそんな馬鹿な!と

0課の女 赤い手錠(1974) - goo 映画
別窓 | 映画館にて | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
道頓堀東映さよなら興行
2007-04-20 Fri 10:34
20070420103438
今日でここも終わり、最後の上映
0課の女、仁義なき戦い、十三人の刺客、明治侠客伝三代目襲名、鉄道屋とやくざ関係の五本の上映、北大路欣哉さんも来られるとか。
ここは本当にデカイ、600席ある、3,4階席は使われていない。
今のような個人の好みに合わせた小さなシネコンスタイルには合わないんだろう。
道頓堀東映さよなら興行の続きを読む
別窓 | 映画館めぐり | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
サン・ジャックへの道
2007-04-06 Fri 21:35
20070406213514
グループで巡礼の旅、本当に楽しいものだ、仲間になれる。中山道、伊勢街道など実際に歩いて旅したことのある私にとっては共有できるシーンが一杯あった。
ああっ、また歩く旅に出たい、全てを進む道にかけ、明日の天気だけを考えるあの旅に.......

サン・ジャックへの道 - goo 映画

PS もうすぐGWだなぁ、気候も天気も良くなってくる今、出かけたいなぁ
サン・ジャックへの道の続きを読む
別窓 | 映画館にて | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
地下鉄(メトロ)に乗って:DVD
2007-04-05 Thu 23:54
浅田次郎の小説の映画化。
父に母の思いは子には分からないもの、分かるとしたらこんなタイムスリップをしないとできない。現地で実際の場面に立ち会えばなぜそうなったのか、子として理解ができる。

地下鉄(メトロ)に乗って - goo 映画
地下鉄(メトロ)に乗って:DVDの続きを読む
別窓 | 自宅にて | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| westさんに映画を |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。