westさんに映画を 映画館で映画を見るようになってきたので、映画・演劇などの記録を....
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
フラメンコ・フラメンコ
2012-04-01 Sun 17:09
「美とはこれ!身体とギターそれだけでシンプルさの力打ち込まれる」




久々の映画鑑賞、難しいのより響くものをと思ってこれ、確かに迫る力が違う。フラメンココンサートの会場にいるようで一曲一曲もう拍手したくなる。
楽器はほとんどなく基本的にはギターだけ、あとは手をたたく音、足で踏む音、そのシンプルさの中で、なんと大迫力でこちらへの「人」の思いを伝えてくれる。
また踊る彼、彼女の肉体の素晴らしさ、若手の細くしなやかな肉体、老境のまだ衰えぬ踊りへの情熱。踊りも惹き付けられる。

タップリと踊りとシンプルな音楽を楽しんだ。

PS スペイン語が一杯で久々に♪ Quero verde.の曲が誘ってる。
フラメンコ・フラメンコの続きを読む
スポンサーサイト
別窓 | 映画館にて | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
ピナ
2012-03-09 Fri 22:33
「彼女の作り出すダンスダンス各自に自立ある踊り願う」

120309-163225.jpg120309-162709.jpg

大阪ヨーロッパ映画祭のオープニングで上映された映画、あのときから観たかった!!
ピナに影響されたダンサーたち、彼女の言葉に基づき自らが思い描くダンスを、自己表現の場だ。
ピナの続きを読む
別窓 | 映画館にて | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
ヘアドレッサー
2011-11-23 Wed 17:28
「前向きに前向きにドイツのおばちゃんパワーめげてもめげない強さ」



ドイツ版きもっ玉かあさん、本当にスゴイ太りようだが....

離婚して娘と二人ベルリンに戻った彼女、ドレッサーとしての腕前はあっても、その太りすぎの姿にどうしてもうまく行かない。紹介された先ではスタイル不的確といわれ、店舗を借りようとしても手続きが難しく、資金もない。
めげても、めげても、思い直して次へと向かう姿、これは素晴らしい。こんな前向きの姿でやれるなんて?!
彼女の言葉、
「明るく積極的に生きれば人生は成功したも同じ」
そうなんだよね、失敗しても次があるんだ!!

彼女が友人から言われた言葉、ちょっと気になる。
「世の中には二種類の人間がいる、吐き出す人と吸い込む人」
私はどっちだろうか?昔は吸い込む人だと思っていたけど、最近は吐き出す、いやまき散らしている人かも?

とにかく明るく前向きな彼女の思い、なんとか同じ思いで私もやりたいものだ!!
ヘアドレッサーの続きを読む
別窓 | 映画館にて | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
<DVD>8人の女たち
2011-11-16 Wed 21:33
「閉じ込められた屋敷でパパの死巡る女8人の心理劇」



まるで舞台劇のようなお互いの言葉のやりとり、パパの死でその関係者、妻、長女、次女、パパの妹、妻の母、妹、そしてメイド二名。
誰が犯人かを探すうち、それぞれのやっていることが暴かれていく。皆パパを頼っていながら、パパを自分のために使いたいだけ。
そんな言葉のやりとりだけでなく、各女優が歌と踊りをたっぷり披露してくれる。
さすがフランスのゴージャスな映画だ。

フランソワ・オゾン
東北新社
発売日:2009-12-18

8人の女たち - goo 映画

別窓 | 自宅にて | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
<BS>ブレードランナー ファイナル・カット
2011-11-16 Wed 00:24
「人が人であることそれは『死』レプリカントも望むより長い『生』を」

リドリー・スコット
ワーナー・ホーム・ビデオ
発売日:2010-04-21

これは2007年版だった!?本当にこれが最後なの??

今昼の「デンジャラスデー」に続いて、ブレードランナーモノを。
この映画、私の観たのとは多分チャウけど、ナカナカ良い映画だった。人が人であることは死があることであり、レプリカントは4年という短命を位置づけられていた。このため自らの生、生き長らえるためのレプリカントの逃走だったのだ。非常な面は認めるが、レプリカントのあの自らの生への執着、人と同じように生への執着はあり、それがたった4年という短い命ゆえなおさらだったのだろう。
最後の方で、デッカード(ハリソン・フォード)を追い詰めていくバッティ(ルドガー・ハウアー)、昔観たときにはバッティーがなんだこいつは不気味!と怖いくらいだった、でも今は良く観るとバッティーは哀しいのだ。愛するものプリスの生を少しでも永らえたいと願い、また愛するものを失った悲しみ、それがあのデッカードを追い詰めていく鬼気迫るシーンに凝縮されている。
一方、人間の側とされレプリカントを狩るデッカードも哀しい。レプリカントのゾーイを回収(殺害)したあとの悲しみ、人殺しはしたことはないといいながら、レプリカントの捕獲でまるで人殺しのような苦しみに感じる。ここにも言いようのない悲しみがある。
今観て、人とレプリカントの違いはなんだろう、生と死とはと深く考えさせられる映画だとわかった。
ブレードランナー ファイナル・カット - goo 映画

<BS>ブレードランナー ファイナル・カットの続きを読む
別窓 | 自宅にて | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
<DVD>フィッシュストーリー
2011-11-03 Thu 21:51
「つながるつながる75年の曲ピース当てはめ未来につなぐ」

中村義洋
アミューズソフトエンタテインメント
発売日:2009-09-25

フィッシュストーリー - goo 映画

別窓 | 自宅にて | コメント:4 | トラックバック:0 | top↑
ペーパーバード
2011-10-12 Wed 16:55
「妻も子も失い自由への叫びのみ、芸人魂に引き継ぐ」


以前から何度も観たいと思っていたが、今日やっと。
フランコ政権時代は本当に厳しい時代だったんだ。全てのことは政府が把握し、その基での厳しい生活。芸人っていうのはそんな世界でもみんなに喜びを与え、みんなを明るくしようとする。真実を言おうとすると、ホルヘのようにつらい生活が待っている。もちろん自由を求める人たちは戦おうとするが、多分ホルへも真実に向かって...そこにはスパイがいて....

ラストに向けて案外淡々とした流れがあるが、やっぱりラストの歌には、引き継がれた芸人魂、それを感じる、例え祖国に帰れねども。

スペイン映画はやっぱりかなり重い、ポスターをみて明るい家族的なものを思っていてはいけない。スペイン自身も中南米で何をしたかという問題はあるけど、自国ででも重いものを背負っている。それを厳しくみせてくれた。

ペーパーバード 幸せは翼にのって - goo 映画
ペーパーバードの続きを読む
別窓 | 映画館にて | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
プリンセストヨトミ
2011-09-26 Mon 22:14
「大阪人の誇り大阪独立秘めた思い姫様守り」



前から大阪人としては興味あるこの作品、まぁ夢物語として楽しめた。荒唐無稽とはいうものの、大閣さんを応援したい私たちには、トヨトミを守るって!なんか意義を感じる。
映画としてはまぁこんなものだけど、読み物としての万城目学作品、読んでみたい。

プリンセス トヨトミ - goo 映画

プリンセストヨトミの続きを読む
別窓 | 映画館にて | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
Bbuddah HOGA TERRA BAAP・・・インドでHindi映画
2011-07-10 Sun 00:56
「帰ってきたあの男粋で強くて女は皆惹かれる彼は」


Bbuddah HOGA TERRA BAAP

インドに行ったらヒンディー映画を!!!!
どの映画を観ようかと迷って、DELHI BERYとこれで悩んで、時間的にこっちが都合が良かったので。
本当にカッコ良いね、アミタブ・バッチャン。お年はかなり行っているにもかかわらず、激しいダンス、女性からは年をとわず好かれる、本当に格好良い男♪
物語は、マフィアが街を支配して要人を爆破している街、ムンバイ。そんな街で若き熱血警官が署長となり、マフィア撲滅を宣言する。そして彼を狙うマフィア。そんなところに彼がアメリカから帰ってくる。彼は署長を狙う暗殺者?署長に狙いを定めてる彼!
そんな状況下で、若き熱血署長と少女のロマンス、彼の過去の女たちとの再会....もちろんアミタブの踊りと歌もたっぷり。

会話が面白いようで、周りのインド人が笑っていて、悔しかったが、動作を観ていても笑いがわかるのもあり、楽しめた。

Bbuddah HOGA TERRA BAAP・・・インドでHindi映画 の続きを読む
別窓 | 映画館にて | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<DVD>パーフェクト・ゲッタウェイ
2011-05-29 Sun 22:33
「ハネムーン楽しさの中他人の目怖い怖いと思えば怖さが」

デヴィッド・トゥーヒー
東宝
発売日:2010-07-23

ある意味叙述的な物語、誰の視線で描かれているのか、怖いのは誰なのか?
時間なく、ちょっと早送りで観てしまった。でもまぁ良いか......
別窓 | 自宅にて | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
180°SOUTH
2011-03-25 Fri 23:15
「パタゴニアの世界行きたい行きたいこんなハードは無理でもちょっと」

自然を満喫、海に山に。
あのパタゴニアを着てザックを持って旅したい。大画面で観るとまさに環境ビデオのようで、つかることができる。いいなぁと思いつつ、こんな過酷な中では私はやっぱり耐えられないなぁとも。

でもやっぱり旅への思いは......高まった。

映画の中の言葉から
180°SOUTHの続きを読む
別窓 | 映画館にて | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<DVD>バッド・エデュケーション (La Mala Educacion)
2010-11-01 Mon 23:31
「映画の中で映画の脚本を、男に恋する男は誰だ」

ペドロ・アルモドバル
アミューズソフトエンタテインメント
発売日:2005-11-25

スペイン語が聴けるのでというだけで選んだ作品だが、映画の中で過去の思い出に基づく映画つくりが描かれてその複雑さが面白い。

映画監督のエンリケ・ゴデのもとに昔の同級生、今は売れない役者イグナシオ・ロドリゲスが訪ねてくるところから始まる。スランプ状態のエンリケ、いかにも仕事に困った風なイグナシオどちらも困った状態。イグナシオが子ども時代を語る脚本を出し、それに飛び乗るエンリケ、そして二人での映画つくりが始まった。
でも二人には子ども時代の、暗い過去が陰を落としている。

映画の中で映画を作っているんだが、その脚本が二人の過去を描いており、現在もその延長線上で語られる。このためなんかこんがらかりそうだ。どれが現実でどれが作品なのか?
また登場人物が、殆ど男性のみという特殊な状況、これが複雑さになんか困惑を加えている。
カソリックの厳しい世界では可愛い男の子にはこんな想いも起こりそうだし、一方ではこれは厳しく諌められることでもあろう。でも宗教的にやばそうな題材。

バッド・エデュケーション - goo 映画

<DVD>バッド・エデュケーション (La Mala Educacion)の続きを読む
別窓 | 自宅にて | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
蛮幽鬼
2010-10-27 Wed 17:49
「怒りの土門復讐のち悲しみ」
「サジとよばれる男笑顔で死人」



今回も期待のゲキ×シネ!!
上川・稲森・五月女・堺の四人を迎えての舞台♪ 劇団☆新感線のメンバーがしっかり盛り上げ。

banner_315x70.jpg

ゲキ×シネ『蛮幽鬼』 - goo 映画


蛮幽鬼の続きを読む
別窓 | 映画館にて | コメント:2 | トラックバック:1 | top↑
<DVD>プロデューサーズ
2010-10-24 Sun 21:33
「いんちきプロデューサー下手な脚本・振り付け・役者で大ヒットを」

スーザン・ストローマン
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
発売日:2008-04-04

ブロードウエービジネスを馬鹿にしたようなミュージカル。二重帳簿でこけさせればプロデューサーは金持ってリオへドロンできると踏んで下手な脚本・演出・役者でミュージカルを企画。さすがメル・ブルックス面白い。ドイツ・ヒットラーをネタにした劇中劇「春の日のヒットラー」も楽しい。
ラストもドイツ語の歌が♪そして『我が闘争』を買ってねという言葉も。
と思ってたら、最後の最後の歌であの人が最後の一言を。

プロデューサーズ(2005) - goo 映画

<DVD>プロデューサーズの続きを読む
別窓 | 自宅にて | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
<TV>バイオハザードIII
2010-09-26 Sun 23:10
「どんどん強くなるアリス不死身だねゾンビと違って生きたままで」

ラッセル・マルケイ
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
発売日:2010-08-10

ついにIIIだけど、続きものは観るしかない。
こうやってロードショーのVI観たくなってしまう、あのアリス達が東京にどう攻めていくのかを。

バイオハザードIII - goo 映画


別窓 | 自宅にて | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
瞳の奥の秘密
2010-09-24 Fri 22:17
「語る言葉で見つめ合えば貴方へ永く永く想いしばりつけ」



上映最終日にやっと来た~♪

妻への愛、あなたへの愛、どこまでもどこまで続く愛の気持ち、満たされぬまま25年。サスペンスの色合いがあるが、それ以上に貴方に対する言えぬ愛、尽くせぬ愛で満ちている。それが彼の、彼女の瞳だ。この映画で、アルゼンチン、南米の熱い心がありそうで、じっと己の心を忍んで思いだけで尽くす愛もあるんだって、新しいことを知ることができた。

妻を亡くした夫の言葉「未来は完全に空虚だ」これほどまでに苦しいことがあるのだろうか。夫の苦しみの大きさが分かる言葉。
そして夫が犯人に告げたかった言葉がすごい!死刑がなく終身刑しかないということで「長生きしてほしい空虚な日々を」、なんて恐ろしい言葉、そしてラストへ続くこの永遠の思いは....本当に亡くなった妻への想いが如何に!と感じられる。

イレーネの言葉、「過去にとらわれず、未来をつくる」。でもやっぱり過去から逃れられず、.....それでも過去を基に彼女は未来をつくっているような気がする。そう、やっぱり過去が未来をつくる。

こうやって映画をみていると、アルゼンチンという国とその歴史を感じられる。犯人が捕まるもなぜ出獄できたか?そして検事を狙うものたちとは?25年前のアルゼンチンという国の歴史を知っているなら、もっと深い意味がわかったかもしれない。あとで少し調べたら面白いだろう。

瞳の奥の秘密 - goo 映画

瞳の奥の秘密の続きを読む
別窓 | 映画館にて | コメント:4 | トラックバック:0 | top↑
| westさんに映画を | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。