westさんに映画を 映画館で映画を見るようになってきたので、映画・演劇などの記録を....
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
オランダで一番強い男
2011-11-23 Wed 21:34
「信じるものは父のように強くなれる見つけたいものを見つけられる」



OEFFの最終を飾るやさしい映画、
父のいない少年が母の言う父は強い人だったとのことで、力自慢の中から父を探す物語。その間にチビで赤毛の少年は成長し、肉体的、精神的に大きくなる。
良い物語、人工受精のことも描かれ、性とは、子供が生まれるとはも描かれていて、青少年向き。
スポンサーサイト
別窓 | 映画館にて | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
エンディングノート
2011-11-23 Wed 15:00
「自分の最後のプロジェクトそれは死たった一度の映画にかけて」



評判が良いこの映画、祭日の今日はなんと立ち観だ!!
久しぶりにこんなすごい大入りの映画を観に来た。でもさすが評判通りの映画!最後の一大プロジェクト私も自分の思いのままにやりたいものだ。

映画自体は本当のドキュメンタリー、がんを宣告された父、元化学会社の猛営業マン、その父の生き様を次女がフィルムに収めている。日常会話もあり、日ごろの家族関係も綴られる。
父は最後のプロジェクトとして、着実に段取りを整え、自分の身辺整理、今後に向けての連絡先、葬式の場のセッティングをしていく。仏教徒でありながら、洗礼を受けることも考えている。
段々迫ってくる死期にむけて、連絡先、記録、整理と父は着実に段取りを、米国にいる孫たちとも最後に会い、本当に段取りを着実に片づけていく。

やっぱり私も段取りを整えて、最後を迎えたい。

エンディングノートの続きを読む
別窓 | 映画館にて | コメント:5 | トラックバック:0 | top↑
<DVD>ウィズ
2011-11-12 Sat 22:35
「ドロシー躍ってブリキかかし獅子とそれぞれの思いを得ること信じ」

シドニー・ルメット
ジェネオン・ユニバーサル
発売日:2010-01-27

昔観た熱かしいミュージカル。
「オズの魔法使い」をアフリカ系アメリカ人を中心作られた踊りと歌で満ちた映画、元々は舞台ミュージカルだったらしい。それにしてもこのメロディー思い出すなぁ。
  Come on, ease on down, ease on down the road.
  Come on, ease on down, ease on down the road.

 これて訳したら、「さあ行こう、ゆっくり進もう、道をゆっくり進もう」って位の意味かなぁ。

ドロシーと友達の求めるものは
scarecrow は brain、Tin-man は heart、Lion は Courage
 結局は自分の心の中にあるってこと、信じればこそと
  If you believe in yourself,......
それしてドロシーも願えば・・・。

懐かしくて楽しい音楽と踊りの数々、こんな映画を大画面で観たいなぁ♪

今のインド映画にパワフルさあるけど、この時代のアフリカ系アメリカ人のミュージカルも凄い迫力。彼らの歌唱力、踊りには圧倒される。
別窓 | 自宅にて | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
おじいさんと草原の小学校
2011-09-09 Fri 16:50
「学びたい学びたい年関係無いそんなマルゲと気持ち一緒」



予告編を観たときから気になっていた映画、最終上映日の今日やっと!!
今勉強している私には本当に共感できる映画、私も勉強したい、年齢なんて関係無い、学びたいときがそのとき!
若かりし頃、ケニア独立のため、妻子も自らもその犠牲になった彼マルゲ、84歳の今、文字を読みたいというその意思、そのために小学校に通いたいとのその思い、何があろうと学びたいその強い意思、ああ、そうなんだ!学べなかったらその分、思いは強くなるのだ。うん、うん。
またその思いに共感したジェーン先生も強い。教育にかける熱情、なんかうれしくなってくる。映画を観ていてうなずきしきりになった。
そうだ!人はいつでも学べるのだ。
おじいさんと草原の小学校の続きを読む
別窓 | 映画館にて | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
<DVD> OM SHANTI OM
2011-07-31 Sun 19:58
「ボリウッドの憧れシャンティーへの想い生まれ変わっても追い続け」




インドで買ってきたDVD♪これは典型的なボリウッドムービーでお買い得とのこと。Rs149つまり約300円。30年前のボリウッドと今ということで二つの時代を結ぶ映画、162分たっぷり楽しめました。
登場するのは、Omにシャー・ルク・カーン、Shanti、Sandyにディーピカ、二人の30年前と今の恋物語。

ストーリーとしては、30年前のボリウッド、大部屋のわき役俳優Om Prakashは大女優Shantiに憧れる。ふとしたことでShantiの危機を救い、二人は親しくなる。Omは憧れの大女優と親しくなれて有頂天、でも彼女には恋人がいた、プロデューサーのMukesh。しかしMukeshは次を目指して段々Shantiが邪魔になり映画Om Shanti Omのセットと共に焼き殺そうとする、それを知ったOm Prakashは...そして二人とも行方不明に。
30年後、Om Kapoor(シャー・ルク・カーンの二役)は大プロデューサーの息子で、若手スター。我がままし放題だが映画はコトゴトク当たり、次の大スターに。でも彼はなぜか火を恐れる。
そんなところにハリウッドで成功したMukeshが帰国し、Om Kapoor主演の映画をプロデュースすることになる。Mukesh の過去の行動がなぜかOmの心にフラッシュバックする。そしてOmのとった行動は。

om shanti om
<DVD> OM SHANTI OMの続きを読む
別窓 | 自宅にて | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
アジャストメント
2011-07-15 Fri 02:37
「仕組まれた運命に逆らうことはできないはずはないできるはず」

インドから帰りの機内のインターラクティブTVで。前から観たかったんだ♪
ディック的というより、恋愛映画だという評価も読んだが、私はディック的な良い映画だと思う。良かったよん。

アジャストメント - goo 映画

運命をつかさどる局、逆らえば逆らうほどそれを妨げる力が、いやそれが運命か?
さすがディックの原作、面白い。書かれた運命に従わねば、局がそれを是正する。大きな変化にならぬよう、なるべく小さな変化、例えばちょっと携帯がつながりにくくなるとか、タマタマコーヒーがこぼれるとか....そして是正できなければもっと大きな変化が....局員は扉をあけて空間を超えて移動するってのも面白い、ディック的。
やっぱり原作を読みたくなった。これなら原書でもと思うけど、見つかるかなぁ、いや今なら映画が公開されたところだから、日本語訳もでてるし、きっと原書でも!と思ってる。
日本に帰ったらぜひ買おう。あちゃ?インドで探した方が早かったかも、失敗かな?

運命を司る局の議長が定める運命には色々、でも議長が書き換えることができるってことは、結果運命って変えることができるんだ!!
先日読んだ本のように「やらなかったらできないが、やればできるんだ!」ってこと。
別窓 | その他 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
【DVD】オフサイドガールズ
2011-03-20 Sun 23:15
「熱狂のワールドカップ私も競技場へ向かう男装少女」

ジャファル・パナヒ
ジェネオン エンタテインメント
発売日:2008-05-23

ワールドカップ2006年予選の実際の映像も交え、出場をかけた試合を観たい男たちの中に...少女たちも。彼女達も生で見たいんだ。でもイランでは男女席を同じくせずとのことで、競技場の入り口で見破られつかまる彼女たち、護送されるまでの間競技場でまつ彼女らに届く試合の声♪、もうたまらないよ。

この映画をみて思ったけど、イランの男性は女性と一緒に映画もみれないし、サッカーも観れない。それは、基本的なところで男性の悪い面を見せたくないというのもあるらしい。便所の落書きをみるな!とか、歓声の悪口を聞かせたくないとか、夕方になったら女は一人で歩かせられないとか...彼の地の男性にもそんないい訳?があるんだ。そうやって男も教育されているんだ。

この中で外国というので出ていたのは、まずはバーレーン、ここはライバルとして同じ地域の近い存在の敵!日本は女性が競技場に入れる特権階級?中国はオフサイドを見つけたうるさい審判とイランから見た外国の存在がちょっとみえた。欧米についてはあえて述べなかったのかな?


国と国が闘うってやっぱり気合が入るんだ。この中でも自国のことにどれだけ熱狂しているか!!戦争はイヤだけどこんな競い合いはそれなりに良い。戦争するよりこんな形で闘うのが確かに良いんだが....
でも、つくずく思うんだが、人間ってやっぱり闘うことが好きなんだ。
別窓 | 自宅にて | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
エクスペリメント
2010-12-10 Fri 16:47
「囚人・看守の振りしてその気になって行動がまた本気へと」



あの『エス』(2001)(私が観たのは『ザ・ウェーブ』(2007)のドイツの学校の話だったかな?観たのはこれ)の実験のことなら絶対観るべき!人間の心理を教えてくれる怖い映画だと思う。化け物も怖いが一番怖いのは人。ということで観に来たが、やっぱり怖かった。

まったく普通の人なのに服装を、場所をそれなりに被支配・支配にすると人間関係がその通りになってくる。この映画でも普通の人、善良な人、いやむしろオドオドしている人が、環境で随分と変わる。また直接的な暴力がだめでも、その代わりに屈辱を与えたり恐怖を与えたりして支配者が被支配者を操ることができる。これって戦前の全体主義への中で行われたことだ。確かに今の私たちのとってはあの戦争に駆り立てられた時代の人たちの感覚は分かり難いが、まさにこんな心理からだろう。

また主人公のように平和主義者であっても状況によってては!ということ。非常に怖い人というものの存在をあからさまにしてくれる。
(一方ハリウッドの映画なんかで弱いものが努力して、奮起して仲間と共に『悪』と戦い、正義は勝つ!ってのがあるが、これも悪とみなされている側の論理は考えられていない。)

エクスペリメント - goo 映画
エクスペリメントの続きを読む
別窓 | 映画館にて | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<DVD>AVP2 エイリアンズV.Sプレデター
2010-10-18 Mon 23:10
「人間喰うエイリアンズ大繁殖プレデター孤高の戦い」

ザ・ブラザーズ・ストラウス
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
発売日:2009-06-05

うーん、ちょっと無理があるんだが.....でも面白い!宇宙からの侵入者が地球を舞台に、人間を餌食にして戦う。そんな魅力的な題材の映画。
エイリアンの人食いはもう半端じゃないね。のっけっから親子を食っちまうし、そのあとも次々と人食って、生みつけた卵からどんどん幼虫が生まれる!!エイリアンの大繁殖♪
ヒェェェェ、気持ち悪。
やっぱり次からはみるのを止めよう。

AVP2 エイリアンズVS.プレデター - goo 映画
(ここのあらすじはAVPのが描かれている、間違ってる)
<DVD>AVP2 エイリアンズV.Sプレデターの続きを読む
別窓 | 自宅にて | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
We are family (いん いんでぃあ)
2010-09-09 Thu 23:59
「元妻と恋人子挟んだ微妙な関係でも家族は家族」

080910-1748.jpg

元妻 Maya(Kajol)、恋人 Shreya(Kareena)、夫Aman(Rampal)
原作は Stepmom、どこにでもありそうなストーリーだからヒンズー語だけど意味分かるし、なんか泣けてきた。ポロポロ....
    (インド デリーのシネコン DT Star Cinemas-DFL Place,Saketにて鑑賞)

★★★以下ネタばれです★★★

インド映画といっても舞台は多分オーストラリア、そこで暮らすインド人は日常生活で、英語とヒンズー語をチャンポンで話している。だからカケラだけでも何とか推測できる。もちろん映画を観る前にちゃんと概略は読んでいった。
離婚した夫婦、元妻は3人の子供を育て、時々元夫のところにも子供たちを訪れさせている。元夫は著名なカメラマン、今は新進デザイナーの恋人と新しい生活をはじめている。ところが元妻がガンと判明し、子供たちの今後を考え、元妻と今の恋人が同じ家に住むことになった。子供たちは父の恋人に反発!この恋人に意地悪ばかりを!そんなすれ違い状態から、段々溶け込むみちすじ。いいなぁ。

同じ屋根の下で暮らす二人の女性と子供たちの葛藤は、言葉が分からなくても観ているだけで面白い。観客が笑っているのだから、ヒンズー語の冗談でお父さんと息子がお母さんと娘たちを皮肉っているんだと思うが...こんなのが一杯だったが、やっぱり面白い。
                     映画 we are family.(IMDB)
We are family (いん いんでぃあ)の続きを読む
別窓 | 映画館にて | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<DVD> ウエストサイドストーリ ー
2010-06-19 Sat 21:51
「観てみるとそうだったんだ!カッコ良い踊りと歌次々と引き込まれ」

ジェローム・ロビンス,ロバート・ワイズ
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
発売日:2008-04-18

ファーストシーン、NYが海から空から映っている、この頃ワールドトレードセンターまだだったんだ!?時代を感じさせる。
ミュージカルとして歌と踊り、物語の筋としてはちょくちょく脇によるが.....でも歌と踊りが突然はじまっても映画は私を放さない。マリア♪、ツゥナイト♪・・・♪~♪

この時代、アメリカ人ってイメージより、移民のそれぞれがアメリカ人になりたがっていたんだなぁ。イタリアやアイルランドは早く来たけど、プエリトリコは遅かったので乗り遅れているような....でもアメリカ人はみんな移民なんだ!ネイティブアメリカンを除いて。

ウエスト・サイド物語 ニュープリント・デジタルリマスターバージョン - goo 映画

この映画、やっぱり大画面で観たいなぁ、確か「午前十時の映画祭」であるようなんだから、いつだったかな?
(追伸)→ 2010年7月10日(土曜)~7月16日(金曜)でした[午前十時の映画祭
別窓 | 自宅にて | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
オーケストラ!
2010-05-07 Fri 22:09
「仲間集めてユダヤ楽団復活迫害に負けるなアンドレイ」



最後の演奏シーンに向かって、無理を無理ともせず突き進む元指揮者のアンドレイ、時には悩みながら恐る恐る、大胆に仲間を金ズルを得ていく。敗者?復活へ向けての意気込み、うんなるほど、共感できる、頑張れ♪と。
アンドレイが前向きに一直線だけでなく、ときどき崩れてよれよれになるのがいい。

オーケストラ! - goo 映画

オーケストラ!の続きを読む
別窓 | 映画館にて | コメント:8 | トラックバック:1 | top↑
あなたのためならどこまでも
2010-05-05 Wed 15:51
「出演は大阪落語界みなお遊びでやりたい役したはるわ」



桂あやめさんが、2009年の彦八祭りの「噺家ムービー大上映会」のために作った作品。お話自体は、風来坊の師匠、楽駄(鶴瓶)のために奮闘する弟子凸風亭楽好(月亭八光)。師匠を落語界会長にするため、各一門にお願いに回る。雅楽、食い道楽、SM、やくざとそれぞれ一門の試練に耐えて~♪

夏祭りで上方落語界総出でたのしくおちゃらけ。おもろいで。この映画をあんまり馬鹿にしちゃ行かんぞ!といいたくなるほどの、お遊び。

ストーリーも簡単で楽しめるようになってる。さてどたながどこに登場するか、お楽しみにという感じかも。
馬鹿馬鹿しいけど、こんなお遊びも楽しい。
あなたのためならどこまでもの続きを読む
別窓 | その他 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
ウルトラバイオレット
2010-04-17 Sat 01:02
「ジョヴォヴィッチの剣の舞アメコミを生身の美と技で次々と」

カート・ウィマー
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
発売日:2008-10-22

この映画では、ミラ・ジョヴォヴィッチの本当に美しいお姿を楽しませてくれる。すらっと伸びた長身で長い足、引き締まったお腹、そしてその髪、バイオレットにブラックに♪。
なんといってもこの目がいい。
また服も黒、白、赤の単色が似合う。一つの色に統一され、その服と肌の白さ、髪、そしてあの目。すごいね。

この映画はズーっと前から気になっていたんだ。こちらに差し出されたあの剣はなんだろうと。あこそには漢字のようなものが書かれているようで♪。それと「バイオハザード」も観たいなぁと思っていた。今日どちらにしようかと迷って、あちらは観たことあるので、こっちにした。
ウルトラバイオレットの続きを読む
別窓 | 自宅にて | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
エル・カンタンテ
2010-01-26 Tue 19:17
「サルサ歌手エクトルの落ち込む人生栄光の裏には弱い影」
20100126191742.jpg20100126191745

昨日こんな映画があるのに気付いて、さっそく今日!
伝説のサルサシンガー エクトル・ラボーの薬漬けの栄光の人生を描いている。サルサ音楽一杯。音楽好きな人にはタマラナイだろうし、一人のシンガーの栄光とその裏ということで人生ドラマとしてもいい作品。
知らなかったけど「サルサ」ってニューヨークに住むカリブ系移民の音楽、マンボ、ジャズ、メレンゲを混ぜ合わせできたものとは。音楽は良く分からない。でもサザンオールスターズがサルサのバンド ファニア・オールスターズにちなんでいるって、へぇ?って感じ。
プエルトリコから出かけてきたエクトル、あれよあれよという間に人気シンガー、気性の激しい妻。そして麻薬に溺れる日々。ミュージシャンとして得に書いたような生活!うんこんな偉大なる歌手居てるよね。

ストーリーはともかく、サルサ音楽を楽しめるのはいい。音楽にノリます。

エル・カンタンテ - goo 映画

エル・カンタンテの続きを読む
別窓 | 映画館にて | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
アメリカン・グラフィティー
2009-09-18 Fri 00:00
「将来が満ち溢れてるアメリカでエリート東部歩むか否か」

発「思い出す初観のころを訳判らず音楽とムードで酔った夜」
概「スティーブ誘う東部へとカート悩み金髪美女追いかけ一晩」
得「遅咲きのハリソンフォード、カーレース負けはしたけど背高粋で」
結「ピカピカのカスタムカーでうろつく『ヤング』ベトナム前ののどかさを」

アメリカン・グラフィティ(1973) - goo 映画
アメリカン・グラフィティーの続きを読む
別窓 | 自宅にて | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
| westさんに映画を | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。